このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. COMPANY
  3. 品質への取り組み

品質への取り組み 〜お客様の安心と満足のために〜

品質はお客様との最も重要な約束事

KDLでは、企業理念(KDL WAY)の行動目標に掲げるとおり、「品質はお客様との最も重要な約束事」と考え、お客様に安心・満足いただくための品質管理を進めると共に、継続的な見直しと改善に努めて参ります。

品質を支えるプロセス

品質管理を担う部門として開発管理部を設置し、品質を維持・向上するための品質管理プロセスの運用を徹底しています。

プロセスイメージ

  • 教育・人材育成
  • 最善の提案
  • 安心いただけるプロジェクト遂行
  • 振り返り(改善・成長)

教育・人材育成

プロジェクトマネジメント研修
PMBOKの知識体系をベースとして、独自にプロジェクト管理手法を体系化した「プロジェクト実行管理標準」を策定し、社内の全プロジェクトマネージャを対象にプロジェクトマネジメント研修を実施しています。
PMディスカッション
プロジェクトマネジメントに関するディスカッションを定期的に開催し、課題解決やノウハウを共有・継承することで、マネジメントスキルの向上やトラブルの防止、より高い品質でのサービス提供へとつなげています。
その他、新入社員研修における品質の教育、各種勉強会などを随時実施しています。

最善の提案

提案レビュー
お客様にとって最善の提案内容になっているかのレビューを実施します。お客様の課題を解決し、要望に応えた提案内容になっているか、提案内容にリスクは含まれていないか、その対策は万全か、などを開発管理部が確認します。

安心いただけるプロジェクト遂行

プロジェクト計画レビュー
プロジェクト計画が適切であるかのレビューを実施します。タイムマネジメント、スコープマネジメント、品質マネジメントなど、PMBOKの10の知識エリアをベースに、各マネジメント計画に問題がないかを開発管理部やラインマネージャが確認します。
キックオフミーティング
プロジェクト計画レビューで承認された内容を、プロジェクトメンバー全員で共有します。お客様の期待事項、目指す成果など、プロジェクトメンバー全員でベクトルを合わせた上で、プロジェクトを開始します。
QCDモニタリング
週1回以上のプロジェクトの状況報告を義務付けており、その情報をラインマネージャや開発管理部がモニタリングしています。その他、MBWA(巡回管理)なども行い、リスクの早期発見と対策を行います。
納品前レビュー
システムの納品に向けて、その進捗状況や品質状況について確認を行います。併せて、社内有識者によるリリース手順のチェックなども行います。
セキュリティ診断
セキュリティチェックシートを用いた開発時のチェックや、セキュアコーディングだけでなく、セキュリティソリューション事業部によるセキュリティ診断(*1)を実施し、お客様に安心していただけるシステム開発を行っています。

(*1) IPAセキュリティガイドライン22項目を基準としています。(セキュリティを考慮する必要がないシステムや、お客様により不要と判断された場合は除きます)

プロジェクトの振り返り(改善・成長)

完了報告会
全プロジェクトメンバーが集まり、プロジェクトの成功/失敗要因などの振り返りを行います。KPT(*2)の観点で、良かったことや悪かったこと、次に改善していくべき内容を全員で考え、メンバーの成長や会社の成長につなげます。
また、納品後のお客様の声をメンバーに共有することで、お客様視点に立ち、よりご満足いただけるサービスの提供に努めます。

(*2) KPT: プロジェクトなどを振り返る際に、要素を「Keep:良かったこと・今後も続けること」、「Problem:問題点・うまくいかなかったこと」、「Try:今後実施すること・試すこと」に分けて整理するフレームワーク

品質の分析 ~ 取り組みの改善

全社的な品質状況を定期的に分析し、品質に関わる取り組みの追加や改善を継続して実施しています。

分析~改善(PDCA)の実施例

品質低下要因への対策の一例
  • Plan

    品質低下要因の傾向分析

    リスクマネジメントが不十分

    リスクマネジメント強化を計画

  • Do

    リスクマネジメント強化の実施
  • Check

    リスクマネジメント強化の結果分析
  • Action

    リスクマネジメントのルール・手法の改善

ページの先頭に戻る