このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. COMPANY
  3. 労働安全衛生への取り組み

労働安全衛生への取り組み

社員の安全と健康管理は会社の責任であるという考え方の下、労働安全衛生活動を行っております。 KDLでの労働安全衛生について

KDLの社員の平均年齢は34才と若い会社でありますが、社員数は160名を超えました。
組織が多様化し、社員規模が大きくなるなど、社員を取り巻く環境が変化していく中で、働く上での基盤となる健康管理について見つめなおすとともに、社員同士、様々な垣根を越えたコミュニケーションを図ることが重要であると考えています。
そうすることで、環境が変化していっても、社員に、働くことに対する安心感をもたらし続けるとともに、心身ともに充実した状態で勤務してもらうことが可能になります。
また、生産性の向上のほか、多様な価値観や知恵を結集させ、これまで見出されなかった新技術や新サービスの創造なども期待できます。
ここでは、衛生委員会の取り組みや、コミュニケーション促進活動などについてご紹介します。

photo

衛生委員会委員長
人事総務部 部長

竹内 友彦

衛生委員会について

コミュニケーション促進活動

その他の取り組み

ページの先頭に戻る