このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. RECRUIT
  3. 人事制度

採用情報

人事制度

人事制度

KDLの人事制度は、会社理念・ビジョンの考え方の下、仕事を中心とした諸制度から構成されており、これらが有機的に結合して成立しています。

  • 1.必要な人材を確保し【採用】
  • 2.その人を仕事に配置し【配置・異動】
  • 3.仕事に必要な能力を教育しつつ【教育】
  • 4.仕事を通じた職務遂行能力(実力)の発揮度合いや、会社への貢献度合いを、明確な基準で評価し【評価】
  • 5.その評価結果を報酬に反映させるとともに【報奨】
  • 6.人材の更なる効率的活用を図ります【適正配置】
イメージ

人事制度概念図

KDLの人事制度は、仕事を中心とした諸制度から構成されており、これらが有機的に結合して成立する必要があります。
下記のそれぞれの制度を実現させることにより、有効に機能します。

人事制度概念図

4つの人事制度

教育制度

事前に策定した年間の教育計画に基づき、毎月1回、上司と部下が対面で面談を行い、計画に対する進捗の確認を行うほか、日々の業務に関する相談もこの機会に行えます。また、階層や職種に応じた数多くの研修を自身で選び受講できるシステム(Biz CAMPUS)や、新入社員・若手社員を対象とした技術研修も実施しています。

評価制度

KDLの評価は能力評価と実績評価があります。能力評価はヒューマンスキルの評価とテクニカルスキルの評価に分かれ、この両方のスキルを備えることを必要としています。実績評価はその期間にどれだけ事業に貢献する実績(成果)を残したか、目標管理の仕組みを一部取り入れて実施しています。

報奨制度

評価結果に基づき給与の改定、賞与の決定を行うことを原則としています。また、資格取得時に奨励金や受験料が支給される制度があるほか、決算時に成績に基づき決算賞与が支給されることがあります。

適正配置

社員の適正な配置は、社員の能力開発やキャリア形成を進める上で重要な要素だと考えています。経営資源としての「人財」を十分に生かすことを念頭に置いて実施しています。

ページの先頭に戻る