このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. SERVICE
  3. 不正アクセス事故対応サービス

サービス

ITを創り、攻め、守る。企業のITをトータルサポートする、神戸デジタル・ラボの多彩なサービスをご紹介します。

インシデント発生時に素早い対応を

不正アクセス事故対応サービス

〈サービス概要〉
不正アクセス事故の被害は年々拡大しており、攻撃側も組織化を広げるなか、現代は誰がいつ被害にあってもおかしくない状況です。
もし不正アクセスによる被害を受けてしまったときは、素早い対応を行い、被害を最小限に留めないといけません。このサービスでは、事故対応経験に富んだスぺシャリストがFBIが実際に利用するツールなどを駆使し、素早い対応のもと事故原因の特定を行います。また事故後の顧客対応や、マスコミ対応についてもアドバイスします。
  • Proactive Defense専用サイトはこちら
  • サービス全般について

特徴

  • 経験値の高い調査官がフォレンジック(事故証跡)調査を実施

    セキュリティのプロフェッショナルであることを証明するGIACという資格をもち、多くのフォレンジック調査経験をもつスタッフが調査を実施します。FBIも使用するツールや高度なセキュリティ知識を活かして、必要十分な調査を行います。不審なアクセスを検知したら、まずは初期調査で被害の有無を調査し、被害範囲の特定が必要であれば詳細調査へ進みます。
  • 顧客対応やマスコミ対応も丁寧にアドバイス

    セキュリティ事故が発生した場合、適切なタイミングと内容で事故情報を公開し、いかに早く顧客の信頼を回復するかが重要です。KDLでは過去の実績に基づいて公開内容やタイミングについてアドバイスします。

スケジュール

およそ1週間から2週間でご報告します。

導入までの流れ

価格

価格

  • ※上記は参考価格になります。正式お見積りについてはお客様のご要望に合わせて個別にお見積りします。

導入事例

導入事例イメージ

情報漏洩事故発生!迅速な対応で早期の顧客呼び戻しに成功

ECサイト運営会社様で顧客情報の漏洩が発覚し、すぐにご相談いただきました。素早い対応で原因を特定し、所轄官庁への連絡や報道発表をサポートするなど、的確な対応を行うことで早期に顧客を呼び戻せたと評価いただいています。

ページの先頭に戻る