このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. SPECIAL
  3. 観光客の動態を把握し観光産業を活性化する観光マーケティング分析

特集

サービスページではご紹介しきれない、新技術やコラムを公開しています。

service

観光客の動態を把握し観光産業を活性化する観光マーケティング分析

観光産業の現状と課題

日本国内の観光地では訪日外国人のインバウンドを含め観光客数が確実に増え続けています。観光客数の増加に伴い観光消費額も堅調な伸びを見せており、各地で観光産業の活性化が行われています。観光庁が制定した日本版DMO(※)政策の整備も進み、国を挙げた観光施策が進んでいます。

しかし観光地においては、インターネットの普及による情報収集の多様化、観光スタイルの変化、観光客の国籍の増加、民泊やガイドマッチングなど新サービスの普及などの劇的な変化を前に、具体的な観光施策の検討に苦労が尽きないのが現状です。

この解決のためには、観光客は何に価値を感じ、どのように選択し、行動をとっているのか?その実態を把握することが必要です。

  • 観光客の把握
  • 観光施策の実施
  • 地域連携
  • 実際に観光客がどこに集まっているかがわからない
  • 新しい観光資源や価値を見つけたい
  • イベントの開催等の観光消費に影響のある情報を把握できていない
  • 期間や天候による観光客の行動変化を把握できていない
  • 観光地の価値を評価できていない
  • 観光地の価値をどのように評価したらいいかがわからない など...

抱える課題

観光客の行動が
把握できていない

※DMO(Destination Management Organization)・・・
当該地域の観光資源に精通し、住民や観光事業者、行政などと協同して広く連携して観光戦略を担う法人のこと。

神戸デジタル・ラボの観光マーケティング分析

神戸デジタル・ラボでは、DMO組織を始め観光産業に従事する企業や団体を支援しています。特に、観光施策の検討における最重要課題である「現状把握」に重点を置き、ICT技術を活用した観光マーケティング分析を実施しています。主に、スマホアプリやWi-Fiなどから取得できる観光客の位置情報を元にして観光客の行動を分析し、観光施策の改善や検討を支援します。分析結果をアプリなどで利用することも可能です。

分析イメージ

ヒートマップで可視化

  • 地図上にヒートマップで観光客の動態を可視化します。
  • 時期、曜日、時間帯等毎に比較し、 観光客の流動を確認できます。
  • 地点情報(そこに何があるか)も併せて確認できるため、
    その場所で何をやっているのかを把握できます。

観光客の行動を予測

  • 独自技術によって、観光客の行動ログから次の行先を予測できます。予測結果は地図上にヒートマップで表示します。 予測結果を用いて、各地点で案内表示や個店の経営等の観光施策の改善をボトムアップに活用できます。

複数のデータをクロス集計し現状を把握

  • 種類の異なる複数のデータソースを活用します。
  • 各データの特性を理解し、国籍・時期・地点等の切り口をクロス集計により可視化します。
  • 比較により見えてくる観光客の動態を把握できます。

事例

長野県白馬村観光局様

観光シーズンである16年8月~10月末日の期間で、一般ユーザ向けのスマートフォンアプリから得た位置情報を分析しました。アプリのユーザがどこに存在しているかと、次にどこを訪問するか、それらの背景を考察しました。

お客様の声

今までわからなかった観光客の動態が可視化できました。Twitter からは観光コンテンツに対する率直な評価も同時に得られ、貴重なヒントになります。フリーWi-Fi の利用状況についても考察が得られ、出入り口となる白馬駅とバス発着所の利用状況を継続分析し改善する必要がある、など新しい気づきがありました。

今後の予定

継続的に動態を把握するために、データの活用を推進します。具体的には、2017年4月よりTwitterやWi-Fiアクセスポイントのログによる観光客の動態を把握し、観光施策の企画へ繋げます。さらに、観光客へのアンケート調査を実施し、観光動態の裏付けを取るとともに、予測精度の向上を測ります。

関連情報

ページの先頭に戻る