2017年10月16日 14:29

101回目の衛生委員会ミーティング

10月13日、101回目の衛生委員会が開催されました。

衛生委員会とは、社員の健康障害防止・健康の保持増進に関して議論し、会社に対し意見を述べる役割を果たす委員会で、労働安全衛生法という法律的にも義務付けられている組織です。KDLでも各部門からメンバーが参加し、産業医の先生とともに計画にもとづいて活動しています。

10月に23期を迎えてメンバーが一新され、委員会設立以来101回目となるミーティングが開催されました。

eisei_001.jpg左から、水無瀬、衛生管理者の小出、松丸、折田、委員長の竹内、花本、杉本、川東、産業医の櫻木先生です。

衛生委員会の主な活動は、

  • 社員による運動(スポーツ)系部活(クラブ)「みんスポ」の推進、運営
  • コミュニケーション促進のための食事会「みん空」の推進、運営
  • 安否確認サービスによる訓練の実施、連絡先などの取りまとめ
  • 定期健康診断、ストレスチェックの実施
  • 大掃除、納会、暑気払いなどの実施
  • 衛生関連社内メールマガジン「すこやか通信」の実施

など。これ以外にも細かい活動を挙げるときりがないくらい、力を入れています。

みんスポは、ランニング部やソフトテニス部、卓球部などのスタンダードなものから、ボルダリングや和太鼓など珍しいものまで、様々活動しています。

みん空は、「生まれた季節が同じ人」「生誕が同じ地域」「学生時代の部活動」「イニシャル頭文字が同じ」などテーマを決めるなどして社員が集まった食事会に、一定ルールのもとに会社から食事代の補助が出るというもの。

会議では、直近の活動の進捗確認や役割の確認、検討事項に関する議論などを行いました。

ここで時々取り組みを発信させていただきます。乞うご期待。

本件に関するお問い合わせ

お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る