KDL BLOG

ECサイトの商品登録の効率化のひとつ!代行依頼のメリットとデメリットをご紹介!

ECサイトの運営の一つに、商品登録の作業があります。特にECサイト開設時は、大量の商品を登録しなければならず、時間が大幅に取られてしまうとお悩みではありませんか?

本記事では、商品登録の効率的な方法のひとつとして利用される、代行依頼のメリットとデメリットについてご紹介します。

ECサイト商品登録の作業内容

はじめにECサイトで商品登録をする際の作業内容を押さえておきましょう。利用しているECサイトのフォーマットや商品によって登録作業は異なりますが、主に下記の作業が必要になります。

商品概要を記入する

商品の概要には下記のようなものがあります。

  • 商品名
  • 商品ID
  • 販売価格
  • 在庫数
  • カテゴリー
  • タグ
  • ブランド名
  • メーカー名

管理画面から一つずつ商品を登録する方法の他にも、CSVファイルで一括登録できる場合があります。CSVファイルのフォーマットはシステムごとに異なりますので、自社が使用するシステムに合わせたCSVファイルを作成しましょう。

商品紹介文を入力する

商品概要の入力が終わったら、商品の紹介文を入力しましょう。

商品の内容をより詳細に伝えるためには、一つ一つの商品の特徴を捉えて、それを文章にして伝えなければなりません。

ユーザーが購入後の体験をイメージできるような、購買意欲を沸かせるようなライティングを心掛けましょう。

商品画像を用意する

顧客により伝わりやすくするために商品画像は必須です。

魅力的な商品画像を用意することも大切ですが、画像の表示速度を上げることも大切です。画像の容量やサイズが大きすぎると、ECサイトの表示速度が遅くなります。表示が遅くなるとユーザーはストレスを感じ、サイトを離脱することもあるでしょう。

また、ECサイト内での商品画像に統一感を出すことで、ユーザーにとって見やすいサイトになります。商品画像に統一感を出すには、画像サイズ、明るさ、色調などをできるだけ揃えることが重要です。

変更があれば都度更新する

商品の内容、販売価格や在庫に変更があった場合は、在庫不足などのトラブルを防ぐために修正が必要な箇所を洗い出し、速やかにページを更新する必要があります。

ECサイトで商品登録をする方法

ECサイトで商品を登録する方法はいくつかあります。下記では、3種類の方法について解説します。

自社で商品登録する

最もシンプルな方法は、自社で商品登録を行うことです。必要な費用は自社スタッフの稼働です。

ただし、登録する商品数が多い場合は、商品登録作業に時間を大幅に取られてしまい、作業に追われて売上向上のための施策に時間が割けなくなってしまう可能性があります。

代行業者に依頼する

代行業者に依頼するという方法もあります。複数店舗の登録をまとめてお願いすることもできます。

費用がかかりますが、時間は大幅に節約できます。

ただし、業務を依頼する際に、代行業者にこちらのニーズを伝えなければなりません。初期段階の依頼内容に齟齬があると、やり直しや追加タスクが生じてしまうので、はじめのすり合わせは丁寧に行う必要があります。

フリーランスに代行依頼する

クラウドソーシングサイトなどで探せば、実績や評価、価格を見てワーカーに直接依頼ができます。信頼できるフリーランスと繋がることができれば、進め方の指示や進捗の確認など円滑に進めることができます。

ただし、作業マニュアルや業務の進捗の管理など、作業をお願いする上で業務が発生します。また、商品登録数が膨大な場合、複数の方に依頼する必要があり、コミュニケーションが手間になる場合もあります。

ECサイトの商品登録を代行依頼するメリットとデメリット

ECサイトの商品登録は、商品数が膨大な場合は、代行業者に依頼することは少なくありません。

以下に、代行業者に依頼する際のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

作業リソース不足の解消

商品登録を代行することで、リソース不足を解消できます。

経験豊富な代行業者に依頼すれば、これまで積み重ねてきたノウハウがあるので、自社に商品登録に必要な専門スキルの備わった人材がいなくても、品質の高い商品ページの制作が可能になります。

コア業務に専念できる

商品登録業務に時間と手間がかかり、自社が本来やるべき戦略立案や商品作成などの時間が奪われてしまうこともあります。

代行業者に商品登録を依頼することで、自社は売上拡大のための業務に専念できます。商品登録作業は単純作業である場合が多く、自社の社員ではなくても可能な作業です。高いクオリティとスピードを求める場合は、商品登録を専門としている代行業者に依頼することが、コストの節約のために自社でやるよりも効率的な場合があります。

安定した商品登録が可能

商品登録を継続依頼することによって、安定した商品登録が可能になります。

社内で起こりうる急なトラブルなどに左右されることなく、一定のスピードと質を保てます。

デメリット

コストがかかる

自社でやっていたものを業者に依頼するわけですから、コストが増えます。

一定の手間はかかる

デメリットではありませんが、依頼するための一定の手間はかかります。商品登録の量によりますが、例えば発注から商品登録完了までには、依頼内容を伝えたり、支払いを行ったりと踏むべきステップがあります。急ぎの場合には、間に合わない可能性があります。

ECサイトの商品登録の費用相場

代行業者に依頼する際の費用相場を抑えておきましょう。

料金相場

代行業者によって異なりますが、商品登録の相場は1商品につき100円~250円ほどです。大量の商品数をまとめて依頼する場合は、1商品あたりの単価が低くなることもあります。

各代行業者によって、どこまで作業を代行してくれるのかが異なります。商品画像の写真撮影までしてくれるところもあれば、商品写真の加工のみというところもあります。作業内容によって、1商品あたりの値段も変わってきます。

依頼する前に代行業者の登録作業内容を確認しておき、自社のニーズに合わせて、最適な代行業者を選択しましょう。

また、代行業者によって従量制と固定制の二つに分かれています。それぞれの特徴を下記に記します。

従量制

従量制とは、利用料や利用時間に応じて料金を支払う方法のことです。1商品ごとの見積もりが可能なので、柔軟にお願いできます。短期的に大量の商品を発注したい場合や、緊急で対応してもらいたい商品がある場合には従量制で依頼することをおすすめします。

変動費として計上しますので、毎月の費用として考える必要はありません。EC事業立ち上げの際に一気に商品登録作業を終わらせたい方は従量制で依頼しましょう。

固定制

固定制とは一定期間で一定額の料金を支払う方法のことです。常時リソースを使用でき、随時追加の作業も可能です。

従量制では、新規商品や修正したい商品などがあると、都度見積もりを出してお願いし直さなければなりませんが、固定制ですと見積もりの手間がないので、時間や労力を削減できます。

しかし、固定制は毎月の登録できる量が定まっておりますので、緊急で大量に登録して欲しい場合は適していません。

ECサイトの商品登録を代行依頼する際のポイント

ECサイトの商品登録代行を依頼する際、気をつけておくべきポイントがあります。代行業者のHPなどをチェックし、下記のポイントが網羅されているか確認しましょう。

繁忙期に対応可能か

セールやキャンペーンを行う際に、それに合わせた商品登録が可能かどうか確認しましょう。特に繁忙期に集中して対応可能してくれるか確認しましょう。

新商品の発表時に商品登録が終了しておらず、ユーザーが購入したい商品がECサイト上に存在しない状況に陥ると、売上機会を大幅に減らしてしまいます。商品登録業務が足枷とならないよう、繁忙期の対応は確認しておきましょう。

対応サイトが豊富か

商品登録のシステムは、各ECサイトによって異なります。

ECプラットフォームには、Amazonや楽天市場、Yahoo!ショッピングなど、多数のモールがあります。

自社が掲載したいECサイトが対応可能かは必須確認項目です。

対応できる業務範囲は広いか

対応可能な業務もチェックしておきましょう。

  • 商品名・商品番号・販売価格
  • カテゴリー設定・キーワード設定
  • 商品紹介文のライティング・リライト
  • 画像撮影・加工・リサイズ
  • 商品の受注・発送

自社が代行依頼したい業務を洗い出すとともに、対応可能な代行業者を見つけましょう。

商品登録後のフォローがあるか

代行業者の持っているノウハウで、購買分析から提案までサポートしてくれるかどうか確認しましょう。

代行業者の中には、マーケティング業務まで行なっているところもあるので、依頼する際には複数の代行業者を比較して、自社にとって必要なサービスが揃っているところにお願いしましょう。

ECサイトの商品登録のまとめ

本記事では、商品登録の効率的な方法についてご紹介しました。商品数が多い場合は、代行業者に依頼することも選択肢のひとつです。

ただし、多くの商品を登録して魅力的な商品紹介文を作っても、見てもらえなければ意味がありません。ユーザーがサイト内検索をしたときに、目的の商品に辿り着けるよう導線を整えておく必要があります。

「sui-sei」では、サイト内検索窓に1文字入力するだけで候補となる商品をサジェストし、商品詳細ページへの導線を最適化することができます。

suisei_202301.jpg

KDLでEC利用者1000人にアンケート調査を実施したところ、検索窓にサジェストが出てくるECサイトについて半数以上が「使いやすく・便利だと思う」と回答しています。

検索窓からダイレクトに詳細ページに遷移するため、ユーザーの検索の手間を省き、離脱を防ぎます。

suisei_202302.jpg

詳しくはこちらをご覧ください。

https://sui-sei.jp/