このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. セミナー
  4. 【大阪開催】セキュリティインシデント発生

イベント・情報

開催日

2019年 01/25(金)

【大阪開催】セキュリティインシデント発生!? 事前から事後までに求められるセキュリティ対応とは

  • 無料
  • セキュリティ
  • 大阪

セミナー概要

高まるセキュリティ脅威。貴社の現場ではそれに対応する充分な対策ができていますか?サイバー攻撃は日々巧妙化しており、それら全てを完璧に防ぐことは困難になってきています。サイバーセキュリティ経営ガイドラインの改訂等で、CSIRTなどのセキュリティへのより強固な体制構築が求められていますが、限られたリソース、スキルで実現するためにはアウトソースや外部サービスの利用が不可欠となります。
そこで本セミナーでは、セキュリティの第一線でソリューション、サービスを展開する3社が集まり、セキュリティインシデントを発生リスクの低減からインシデント検知、さらに、インシデント発生後の対応方法等を一元的にご紹介いたします。

受講対象者

・意思決定を行う経営層の皆様
・情報システム担当部門の担当者、マネージャの皆様
・自社内システムのインフラ担当者の皆様
・セキュリティ事故が発生した際に対応(インシデントレスポンス)を行わなければならない皆様

開催情報

開催日時 1月25日(金) 15時~17時15分(14時30分 開場)
会 場 TIS株式会社 大阪本社
〒530-0004  大阪府大阪市北区堂島浜1-2-1 新ダイビル19階
https://www.tis.co.jp/company/network/osaka.html 
定 員 40名
開催者 TIS株式会社
ラピッドセブン・ジャパン株式会社
株式会社 神戸デジタル・ラボ
注意事項 ・当日、お名刺をご持参下さい。
・個人名及びフリーアドレスでのご参加はご遠慮頂いております。
・競合他社様のご参加は、お断りすることがございますが、ご了承ください。
お問い合わせ先 お問い合わせ先 株式会社 神戸デジタル・ラボ
セキュリティソリューション事業部 担当:原田
TEL:078-335-5695 e-mail:info@proactivedefense.jp

セミナーへの参加申込みはこちらから受付中です。

セミナー参加申込み

※外部ドメインに遷移します。

脆弱性に対する適切な管理でインシデント発生リスクを低減させる仕組みを作る

まず脆弱性とはなにかを改めてお話した上で、海外における脆弱性への取り組みや、脆弱性に対する効果的な運用まで幅広くご紹介します。また、Rapid7ソリューションについてもご紹介いたします。

講演者プロフィール

牛込 秀樹

ラピッドセブン・ジャパン株式会社
執行役社長

新日本製鐵(現新日鐵住金)退職後、外資系IT企業の国内ビジネスを立ち上げる。2006年から数社のセキュリティソリューション企業の成長に貢献。2016年からラピッドセブン・ジャパンにて脆弱性リスク管理の必要性を啓蒙、同ビジネスの拡大に従事。

見つけるのが一苦労のインシデントの見つけ方

セキュリティにおける、事前対応、事後対応の必要性が高まってきています。
各企業においてもCSIRTの構築や、体制、機能の強化等で対応を進めていますが、実施した事前対応をもとにインシデントを発見し、スムーズに事後対応に移行するためのインシデント検知の必要性とTISが提供するインシデント検知サービスを紹介いたします。

講演者プロフィール

宮村 亮多

プラットフォームサービスパートナー営業部 
兼 エンタープライズセキュリティサービス部 主査

国内認証製品開発ベンダの設立に参画、パートナー事業の立ち上げ、
ハイタッチセールスを担当。その後、セキュリティ専業ベンダ、国内メーカでセキュリティ事業の営業、ソリューション企画、事業推進等を担当し複数の新規サービス開発に従事。現職でもセキュリティ事業のパートナーアライアンス、事業推進を担当。

セキュリティインシデント対応への必要な備え~CSIRT体制構築など~

セキュリティインシデントへの対応は準備が大きなカギを握っています。
多くの組織でCSIRTやセキュリティインシデント体制構築の立ち上げが進んでいますが、各組織の規模、各組織の構成メンバーによって取るべき体制は大きく異なり、かつ、インシデント対応準備も組織にあわせて行う必要があります。
また、インシデント対応時にはウイルスの侵入経路や発生原因を究明するために『フォレンジック調査』を行いますが、インシデント対応によって攻撃の証拠を削除しないように、慎重かつ迅速に対応を行う必要があります。そのような対応を行うためには、インシデント対応の準備は必要不可欠です。
KDLのCSIRT構築を経て、インシデント対応やフォレンジック調査を実際に行った経験をもとに、本セミナーではインシデント対応への備えをお話しします。

講演者プロフィール

飯島 憂

KDL-SIRT 兼 セキュリティ事業部 セキュリティ運用支援対策チーム

脆弱性診断員、CSIRTの立ち上げを経て現在はフォレンジック調査を中心に活動中

セミナーへの参加申込みはこちらから受付中です。

セミナー参加申込み

※外部ドメインに遷移します。

ページの先頭に戻る