このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. メルマガ一覧
  4. 「okuyama」が中小企業優秀新技術・

イベント・情報

メルマガバックナンバー KDL NOW!

メルマガの配信登録をする

「okuyama」が中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ KDL NOW! ■                     2013.04.03号

       KDL(神戸デジタル・ラボ)からの最新情報♪

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 3月もあっという間に去り、温かい日差しを感じる4月になりました。
 新たな始まりを予感させるこの季節。
 KDLも気持ちを新たに頑張って参ります。どうぞ宜しくお願いいたします。

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】「okuyama」が中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞しました!
【2】広報誌「KDL NOW! PRESS」vol.3を発行しました!
【3】参加者募集中!4月のセミナー情報
  (1)「セキュリティ対策の『今』完全攻略セミナー」
<神戸・有料> (2013.04.18)
  (2)「濃!Know!NoSQL!~春の陣~」<大阪・無料> (2013.04.24)
【4】コラム(SEC2U)「スマートフォンのセキュリティ徹底解説 第2回」
【5】ピックアップ「神戸経済新聞」(2013.03.01~03.31)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


┏━♪
┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛「okuyama」が中小企業優秀新技術・新製品賞を受賞しました!
───────────────────────────────────

 当社が独自開発したNoSQLデータベース「okuyama」が
 「第25回 中小企業優秀新技術・新製品賞」のソフトウェア部門で
 「奨励賞」に選ばれ、本日の日刊工業新聞にて発表されました!

 同賞は、財団法人りそな中小企業振興財団と日刊工業新聞社の共催で
 昭和63年より毎年実施されているもので、優秀な新技術・新製品が
 厳正な審査の上で決定されます。

 贈賞式は、4月8日に東京で開催され、開発者の岩瀬が参加予定です。

 ◎第25回「中小企業優秀新技術・新製品賞」についてはこちら
  → http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu.html

 ◎受賞技術・製品一覧はこちら
  → http://www.resona-fdn.or.jp/main/jigyou/shingijutu25.html


┏━♪
┃2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛広報誌「KDL NOW! PRESS」vol.3を発行しました!
────────────────────────────────────

 四半期に一度のペースで発行している広報誌「KDL NOW! PRESS」の
 第3号(2013年春号)を発行しました。

 今回は、当社が手掛ける沖縄料理店「空」の移転オープンの話や、
 「iPadセルフオーダーシステム」などをご紹介しています。

 既にお手元に届いている方もおられると思いますが、
 当社サイトからもご覧いただくことができますので、宜しければご覧ください。

 ◎「KDL NOW! PRESS vol.3」はこちら
  → http://www.kdl.co.jp/wp-content/uploads/2013/03/201304KDLNOW-p.pdf

 ◎バックナンバー閲覧、今後の購読を希望される方はこちら
  → http://www.kdl.co.jp/public_information_kdl_now/


┏━━━♪
┃3?1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━┛4月のセミナー情報
     「セキュリティ対策の『今』完全攻略セミナー
            ~漏えいは誰の責任か~」(神戸・有料、2013.04.18)
────────────────────────────────────

 2月に東京で開催し大好評を博したセミナーの神戸開催が決定しました!

 単なる知識の習得ではなく、自社ですぐに使える
 「セキュリティ開発規約チェックシート」等のドキュメントを
 その場で作り上げることが出来る実践的な内容となっております。

 第1部では、「標的型攻撃」と言われる新たな攻撃手法の対策方法が、
 第2部では、スマートフォンの業務利用におけるセキュリティ・ポリシーが
 策定できます。

 参加費は有償(税込5千円)ですが、1社あたり3名様まで参加可能ですので、
 御社のセキュリティ対策を本気で見直したい方はぜひご参加ください。

 ◎セミナー詳細はこちら
  → http://www.kdl.co.jp/seminar/%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E5%AF%BE%E7%AD%96%E3%81%AE%E3%80%8C%E4%BB%8A%E3%80%8D%E5%AE%8C%E5%85%A8%E6%94%BB%E7%95%A5%E3%82%BB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%BC%E7%A5%9E%E6%88%B8/

 ◎セミナーお申込みはこちら
  → https://f.msgs.jp/webapp/form/13612_odu_43/index.do


┏━━━♪
┃3?2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━━━┛4月のセミナー情報
     「濃!Know!NoSQL! ~春の陣~」(大阪・無料、2013.04.24)
────────────────────────────────────

 昨年12月に東京で開催し、参加枠増員に次ぐ増員の大反響を頂いたセミナーの
 大阪開催が決定しました!
 
 NoSQLの最新動向、活用方法など、最先端で活躍されている方々に
 大いに語っていただきます。

 第1部では、ゲーム開発現場での苦労や可能性について、
 第2部では、エンタープライズシステムにおける利用メリットについて、
 第3部では、Webシステムのパフォーマンス改善について、ご紹介いただきます。

 主に開発者、エンジニア、企業情報システム部門の方向けのセミナーで、
 参加費も無料となっておりますので、お気軽にご参加ください!

 ◎セミナー詳細はこちら
  → http://okuyama-project.com/ja/news_and_events/free_seminar.html#seminar8

 ◎セミナーお申込みはこちら
  → https://okuyama-project.com/form/fms/38e1653d15


┏━♪
┃4┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛コラム(SEC2U) ~スマートフォンのセキュリティ徹底解説
     <第2回「スマートフォンセキュリティの対策動向」>
───────────────────────────────────

 セキュリティソリューション事業部のマシスです。

 前回、Androidアプリが狙われているという情報をお伝えしましたが、
 実は日本でもスマートフォンセキュリティの危険性を把握し、
 対策をするための業界団体が既に活動を開始しています。

今回は、この団体「一般社団法人 日本スマートフォンセキュリティ協会」
 (JSSEC)に関して、皆さんにお役に立つ情報を中心にご紹介します。

1.日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)について

 JSSECは、通信キャリア、機器メーカ、システムインテグレータ、
 アプリケーション開発、サービス提供ベンダなどの提供者だけではなく、
 利用企業ならびに関連団体などが協調し、スマートフォンの安全な利活用を
 図り普及を促進するために、 2011年5月25日に任意団体としてスタートし、
 2012年4月1日より一般社団法人として活動している業界団体です。 

 ※続きはこちらから
 →http://www.proactivedefense.jp/mail_magazine/backnumber/mm20130403/#content1

2.JSSECが発行している主なガイドライン

 以下に企業様に役立つ主なガイドラインを紹介したいと思います。

(1)「Android アプリのセキュア設計・セキュアコーディングガイド」
【最新版:2012年11月1日】
 http://www.jssec.org/dl/android_securecoding.pdf

 アンドロイドアプリの開発者は、このガイドラインの内容を十分に
 理解して開発に臨まなければなりません。
 世界一徹底的に説明がなされているであろう"アンドロイドアプリの安全な
 作り方"のサンプルソースコードも含まれていますので、開発者にも理解
 しやすい有用な情報が含まれています。
 これを参考にして開発を行うことで、安全なアプリに近付けることができます。

 ※続きはこちらから
 →http://www.proactivedefense.jp/mail_magazine/backnumber/mm20130403/#content2

3.KDLにおけるスマートフォンのセキュリティ対策の活動

 KDLもJSSECに参加しており、現在、スマートフォンセキュリティの
 脆弱性診断における「国内基準」の策定に取りかかっております。

 ※続きはこちらから
 →http://www.proactivedefense.jp/mail_magazine/backnumber/mm20130403/#content3

 ※この件についてのお問合わせは、こちら ⇒ info@proactivedefense.jp


┏━♪
┃5┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛ピックアップ「神戸経済新聞」(2013.03.01~03.31)
───────────────────────────────────

・特集[エリア特集](2013.03.26)
 開催迫る「コーベルダンス」、女性限定イベントが教えるダンスの楽しみ方
 ?「自分らしい美しさを見つけて」
 http://kobe.keizai.biz/column/10/

・2013.03.04
 神戸・オリバーソースが新商品「しょース」?「しょうゆもろみ」加え新ソース
 http://kobe.keizai.biz/headline/1306/

・2013.03.10
 神戸・三宮に「モンブランKOBE」新店?「旬のモンブラン」提供
 http://kobe.keizai.biz/headline/1312/

・2013.03.20
 神戸ハーバーランド「ウミエ」開業日4月18日に?神戸初出店40店
 http://kobe.keizai.biz/headline/1322/

・2013.03.24
 兵庫県立美術館で「超・大河原邦男展」?ガンダム、ボトムズなど
 http://kobe.keizai.biz/headline/1326/

・2013.03.29
 神戸から東北へ?ファミリアとNPOがベビーカー寄付プロジェクト
 http://kobe.keizai.biz/headline/1331/

 ※この件についてのお問合わせは、こちら ⇒ info@kobe.keizai.biz


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールは、過去に当社社員がお名刺交換をさせていただき、
 社員が個別にご連絡を取らせていただいていた皆様に対して、
 より深く、充実した情報を等しくご提供するためにお送りしております。

※本コラムのコンテンツは、KDL独自の見解を含むものもございます。

※個人情報の取扱いに関しましては、当社規定のプライバシーポリシーのもと、
 個人情報の保護に努めながら、運営してまいります。
 プライバシーポリシーの詳細は、下記にてご確認ください。
 → http://www.kdl.co.jp/policy/
 
※大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合
 下記URLより配信停止の手続きをお願いいたします。
 → https://f.msgs.jp/webapp/form/13612_odu_6/index.do

 また、当メール配信先アドレスの追加や変更を希望される方は、
 下記URLより変更手続きを行ってください。
 → https://f.msgs.jp/webapp/form/13612_odu_5/index.do
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発 行 元 :株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)
発 行 日:2013年4月3日(水)
U R L :http://www.kdl.co.jp/mailmagazine/
お問合わせ:info@kdl.co.jp
神戸本社 :神戸市中央区江戸町93番 栄光ビル
東京支社 :東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 JR恵比寿ビル11F
編集・発行:「KDL NOW!」編集事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2013 Kobe Digital Labo,Inc. All Rights Reserved.

本メルマガは著作権により保護されていますが、
皆様のお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送・転載いただいて構いません。
その際は最下部のクレジット部分(発行元やURL、メールアドレス、
住所等が書かれた部分)を明記願います。

ページの先頭に戻る