このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. メルマガ一覧
  4. ウェアラブルアプリケーション開発への挑戦

イベント・情報

メルマガバックナンバー KDL NOW!

メルマガの配信登録をする

ウェアラブルアプリケーション開発への挑戦

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ KDL NOW! ■                     2015.03.03号


       KDL(神戸デジタル・ラボ)からの最新情報♪


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 春の兆しを感じるようになってきたこの頃、
 皆様いかがお過ごしでしょうか?


 KDLでは2月23日より本社を移転し、
 気持ちも新たに活動を開始しております。
 今後とも精一杯頑張ってまいりますので、宜しくお願いいたします!


 それでは、3月のメルマガをお送りいたします。



INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【1】成毛眞さんコラム「シリコンバレーは関西だ!」第5回
【2】KDL本社を移転しました(2015.02.23)
【3】特集:ウェアラブルアプリケーション開発への挑戦
【4】「医療セキュリティハッカソン神戸2015」を開催します
   (2015.03.07-08)
【5】ピックアップ「神戸経済新聞」(2015.2.01-2.28)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┏━♪

┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛成毛眞さんコラム「シリコンバレーは関西だ!」第5回
──────────────────────────────────


 アマゾンが最新の物流センターをお披露目し、話題となった。

 その物流センターでは、1万5000台ものロボットが走り回り、
 ピッキング作業を行っているのである。
 ロボットは、アマゾンが2012年に7億7500万ドルで買収したキヴァ製である。

 アマゾンといえば昨年はPrime Air、
 いわゆるドローンを使っての配送の動画を公開している。
 新たな商流をつくりだした企業は、今やロボットに興味津々なのである。


 話は突然変わるが、若き工学者・田邉朔郎の指揮の下、
 琵琶湖の水を京都市内に引くための工事が始まったのは
 明治18(1885)年のことである。
 それは禁門の変の後に人口が減少した京都の再興に必須のものであったが、
 工事は困難を極めた。

 特に大変だったのは、第一トンネル建設のための竪穴工事と言われている。
 強固な岩盤に人力で挑んだため殉職者も数多く出すことになってしまった。
 現場はいわゆるブラックだったのだ。

 京都市営地下鉄東西線蹴上駅の近くにその霊を慰めるための慰霊碑が
 現存することは、先日、Ingressと祇園町のためだけに上洛したついでに
 目視チェックしたばかりである。


 ブラックといえば、アマゾンの物流センターについても
 その呼称がつきまとっていた。
 それを払拭するのが今回導入のロボットである。
 琵琶湖疎水の建設も明治の世でなければ、
 先進技術を使って効率的に進められたに違いない。

 琵琶湖疎水は、建設こそ人力頼みであったが、
 完成によって京都の街は飛躍的に近代化した。
 日本初の営業用水力発電所ができたことで、日本初の電気鉄道、
 建設当時世界最長の台車に船を載せて上下させるインクラインなどが
 実現したのだ。

 田邉朔郎は米国を視察した後に、当初の予定にはなかった
 水力発電所の建設を琵琶湖疎水計画に加えている。
 単に水の流れをつくり京都の街を物理的に潤すだけでなく、
 電気や物の流れによって金銭的にも潤すことを考えていたのだ。


 世界最大の川の名を冠したアマゾンの目標は、
 売上高や利益ではなく、キャッシュフローを最大化することだという。
 時代は異なっても、流れを制する者が世界を制する
 ということではないだろうか。


 実にシリコンバレーは関西である。


 ◎コラムのバックナンバーはこちら
  → http://www.kdl.co.jp/special/column_naruke_1.html


┏━♪
┃2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛KDL本社を移転しました(2015.02.23)
───────────────────────────────────


 KDLは、2月23日(月)より本社オフィスを下記住所へ移転いたしました。

 今後も、世の中のニーズに敏感であり続け、研究開発を怠らず、
 常に最前線でお客様のお役に立てるよう務めてまいりますので、
 一層のお引き立てを賜りますようお願い申し上げます。

 また、お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りくださいませ。


 〒650-0034
 神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
 TEL: 078-327-2280/FAX: 078-327-2278
 (TEL・FAXに変更はありません)


 ◎アクセスマップはこちら
  → http://www.kdl.co.jp/company/access/


┏━♪
┃3┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛特集:ウェアラブルアプリケーション開発への挑戦
───────────────────────────────────


 次世代スマートデバイスとして関心の高まるウェアラブルデバイスの
 世界市場規模は2015年中に1億台を突破すると予測されており、
 世界的なビジネスの急拡大が期待されています。


 KDLでは、創業から20年間培ってきたIT技術を、
 もっと身近に利用して頂くことをテーマに、
 今後の市場動向を見据えてウェアラブルアプリケーション
 「ウェアシスト」の開発に踏み出しました。

 この件について特集記事を公開しましたので、宜しければご覧ください。


 ◎特集記事はこちら
  → http://www.kdl.co.jp/special/wearable.html


┏━♪
┃4┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛「医療セキュリティハッカソン神戸2015」を開催します
                           (2015.03.07-08)
───────────────────────────────────


 KDLは、3月7日(土)、8日(日)にセキュリティイベント
 「医療セキュリティハッカソン神戸2015」を自社セミナールームにて
初開催します。


 このイベントは、株式会社Eyes,JAPAN(所在地:福島県会津若松市)が
 開催する「Medical × Security Hackathon 2015」のセキュリティ部門を
 神戸で同時開催するものです。

 それぞれ震災を経験した福島、神戸が、医療というキーワードで両地域の
 発展の後押しとなるべく、セキュリティレベルの高い医療ソフトウェアと、
 ハイレベルなセキュリティエンジニアの創出を目的として実施されます。


 ご興味のある方はぜひ詳細をご確認ください。


 ◎「医療セキュリティハッカソン神戸2015」開催概要はこちら
  → http://www.proactivedefense.jp/MedicalSecurityHackathon2015/securityhackathon.html


┏━♪
┃5┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛ピックアップ「神戸経済新聞」(2015.02.01~02.28)
───────────────────────────────────


 「神戸経済新聞」は、神戸デジタル・ラボが運営する
 神戸市中央区の街ネタを配信するニュースサイトです!


・2015.02.05
 「神戸マラソン」開催へ-日程発表、「マラソンEXPO」も
 http://kobe.keizai.biz/headline/1962/


・2015.02.11
 神戸で20年ぶりに「フラワーテント」-「被災者による被災者のためのステージ」再び
 http://kobe.keizai.biz/headline/1966/


・2015.02.23
 神戸ポートピアホテルで初のディナーバイキング-ズワイガニ食べ放題も
 http://kobe.keizai.biz/headline/1976/


 ◎神戸経済新聞のFacebookアカウントもぜひチェックしてください!
  https://www.facebook.com/kobekeizai?ref=hl


 ※この件についてのお問合わせは、こちら ⇒ info@kobe.keizai.biz


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※このメールは、過去に当社社員がお名刺交換をさせていただき、
 社員が個別にご連絡を取らせていただいていた皆様に対して、
 より深く、充実した情報を等しくご提供するためにお送りしております。


※本コラムのコンテンツは、KDL独自の見解を含むものもございます。


※個人情報の取扱いに関しましては、当社規定のプライバシーポリシーのもと、
 個人情報の保護に努めながら、運営してまいります。
 プライバシーポリシーの詳細は、下記にてご確認ください。
 → http://www.kdl.co.jp/policy/
 
※大変恐縮ですが今後、当メールの配信を希望されない場合
 下記URLより配信停止の手続きをお願いいたします。
 → https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mamd-pgofo-38b9a9d16ff65cccdb7a116bdaf71a97


 また、当メール配信先アドレスの追加や変更を希望される方は、
 下記URLより変更手続きを行ってください。
 ※新規追加→https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mamd-pgpct-2c8a8e9d07ba9dee2df19a694e8a613d
 ※登録変更→https://reg34.smp.ne.jp/regist/is?SMPFORM=mamd-pgofn-ba3f65def5025205db4c514241800982


※株式会社神戸デジタル・ラボは株式会社パイプドビッツのメール配信
  サービス(新規登録・変更フォームなどを含む)を利用しております。
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発 行 元 :株式会社神戸デジタル・ラボ(KDL)
発 行 日:2015年3月3日(火)
U R L :http://www.kdl.co.jp/mailmagazine/
お問合わせ:info@kdl.co.jp
神戸本社 :神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
東京支社 :東京都港区芝公園2-3-27 芝公園PR-EXビル
編集・発行:「KDL NOW!」編集事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2015 Kobe Digital Labo,Inc. All Rights Reserved.


本メルマガは著作権により保護されていますが、
皆様のお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送・転載いただいて構いません。
その際は最下部のクレジット部分(発行元やURL、メールアドレス、
住所等が書かれた部分)を明記願います。

ページの先頭に戻る