このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. ニュース一覧
  4. 医療系ソフトウエアを使ったハックコンで8...

イベント・情報

ニュース

2016.05.30

医療系ソフトウエアを使ったハックコンで80超の脆弱性を発見

KDLは、株式会社ヒューマンスピリッツと共同で5月28日・29日の二日間にわたり、医療系ソフトウエアを対象としたハッキングコンテスト「医療セキュリティハッキングコンテスト神戸2016」を開催しました。
18人・6チームが参加し、クリティカルな脆弱性だけでも合計50カ所以上を発見。実際に日本で流通している医療系ソフトウエアを使用してのハッキングコンテストの開催は日本初(KDL調べ)となりました。
KDLは、これからも医療業界のセキュリティーレベルの底上げを目指し、様々な活動を続けていきます。


◎ニュースリリース内容はこちら

本内容は、下記メディアで紹介されました。
◎日経デジタルヘルス「医療ソフトのハッキングコンテストで80超の脆弱性発見」掲載ページはこちら
◎Security NEXT「医療用ソフトのハッキングコンテスト、80件超の脆弱性が見つかる」掲載ページはこちら

left left

本件に関するお問い合わせ

取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:078-327-2280

ページの先頭に戻る