このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. ニュース一覧
  4. 【オンラインセミナー開催】新規事業はLI...

イベント・情報

ニュース

2020.09.09

【オンラインセミナー開催】新規事業はLINEで提供する時代をテーマに

神戸デジタル・ラボがLINE公式アカウント活用オンラインセミナー
「新規事業はLINEで提供する時代」をテーマにLINE API Expertが講演

Webシステムやアプリの企画・開発を手がける、株式会社 神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎 以下、KDL)では、2020年9月16日(水)にオンラインセミナー「新規事業はLINEで提供する時代?LINEで実現するCX事例のご紹介」を開催します。ぜひこの機会にご参加ください。

■セミナー概要

kanatani_sem_s.jpg近年、ブランディングや販売促進のためだけではなく、新規事業を企画・検討する際に、サービス提供手段として、モバイルアプリではなく、LINE公式アカウントを採用するケースが増えています。
 
本セミナーでは、LINE公式アカウントを使ってサービス提供されている事例のご紹介を通して、LINE公式アカウント上でどのようなCX( = Customer Experience / 顧客体験 )を実現可能なのか、KDL社員でLINE API Expertの金谷拓哉が解説いたします。
 
 

■セミナー詳細

タイトル:新規事業はLINEで提供する時代?LINEで実現するCX事例のご紹介
スケジュール:
 ・オープニング (5分)
 ・プレゼンテーション
 「新規事業はLINEで提供する時代?LINEで実現するCX事例のご紹介〜」(25分)
 ・Q&A (15分)
開催日時:2020年9月16日 (水) 15:00〜15:45
定員  :30名 ※ZOOMにて配信(PC、スマホ、タブレットにて視聴いただけます)
参加費 :無料

■セミナー詳細・お申し込みはこちらから

■金谷執筆のブログをご紹介

◎LINE API Expertがオススメする「Azure LUIS」とは?チャットボットを始めよう

■LINEの利用者数

無料通話アプリ「LINE」は、2020年4月時点で約8,400万人が利用している(※1)と言われているほど、すでに生活に定着しているアプリケーションです。そのため、ユーザにも馴染みが深く、新しいアプリケーションをダウンロードしていただく手間がない分取り入れやすい、使い慣れている、など利点がたくさんあります。皆様もLINEで顧客体験を実現してみませんか?
 ※1 引用記事:uniad( https://www.uniad.co.jp/260204 )

■講演者プロフィール

氏名:金谷 拓哉 かなたに たくや
肩書:株式会社神戸デジタル・ラボ
    デジタルビジネス本部 リーダー
    LINE API Expert
 
水族館へのAIチャットボット導入や公共スペースでのスマートスピーカー活用に取り組む他、LINE API Expertの1人として、LINEを使ったアプリの企画・開発、情報発信に注力。KDLではプログレッシブディベロップメントチームのリーダーとして「トレンド技術の活用」や「社内外へのノウハウ発信」を担当しております。
 
【受賞】
   Developers Boost KANSAI 2019 ベストスピーカー賞
   LINE Developer of the Month 2018.09
   LINE BOOT AWARDS 2018 RIZAP賞(協賛テーマ賞)など

【会社概要】

 社名 : 株式会社 神戸デジタル・ラボ
 代表者 : 代表取締役社長 永吉一郎
 所在地 : 〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
 設立 : 1995年10月
 資本金 : 2億995万円
 従業員数 : 142名(2020年9月現在)
 URL : https://www.kdl.co.jp/

【本件に関するお問い合わせ先】

※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
株式会社 神戸デジタル・ラボ
担当 :デジタルビジネス本部 金谷(かなたに)
TEL :078-327-2280
   (現在テレワーク推進中です。できるだけメールでご連絡ください)
E-mail :info@kdl.co.jp
※記載の会社名、団体名、製品名およびサービス名は、それぞれの会社、団体の商標もしくは登録商標です。

本件に関するお問い合わせ

取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:078-327-2280

ページの先頭に戻る