情報セキュリティ / DX人材育成セキュア開発トレーニング

開発者のための「セキュリティの原理原則」を学ぶトレーニング

ECサイトや業務システムなど、主に個人情報や機密情報を扱うシステムの開発者向けのトレーニングです。
開発者が受講することで、プロジェクトの初期段階から脆弱性を作りこまないセキュア開発の手法を身に付けることができます。脆弱性の発見が早まり、リリース直前のコスト増加やスケジュール遅延を防ぐことができます。

特徴

100名まで参加可能な
オンライントレーニング
セキュア開発の推進のため、お客様社内のすべての開発者に参加いただくことを推奨しています。
具体的な設定制御の
方法までを学ぶ
基礎的なことはもちろん、すぐに使える具体的な実装方法までを網羅した実践的な内容です。
脆弱性診断の指摘が
30%減の実績
当社内で実施したトレーニングで既に実績が出ている、確かな品質のカリキュラムです。

ポイント

100名まで参加可能なオンライントレーニング

セキュア開発を実現するには、開発者全員が共通認識を持ち、同じ原則に従って同じように開発できるようになる必要があります。全員に受講いただけるよう、100名まで同時参加なオンライン(Zoom)形式で実施します。
また、講義の録画や使用した資料をご提供します。

具体的な設定制御の方法までを学ぶ

なぜセキュア開発に取り組むのか、まず何から始めればいいのかといった基礎から、システム実装時の具体的な設定や制御の方法、その必要性などについて学べます。テーマごとの講義や質疑応答に加え、途中何度かの理解度テストを実施し、受講者の理解度を評価しながら進めます。

脆弱性診断の指摘が30%減の実績

自社内向けに実施したトレーニングでは、トレーニング実施1年後、リリース前の脆弱性診断で修正の指摘を受けることが30%減。リリース直前の対応が減り、安全かつスムーズにリリースできるようになりました。

トレーニング概要

対象者 ECサイト、業務システムなどを開発する企業の開発者
受講スケジュール 全8時間(4時間×2回、2時間×4回での実施もご相談可能です。※30日以内)
受講形式 オンライン(Zoom)
受講者数 最大100人(同時接続)

料金

セキュア開発トレーニング お⾒積り

よくある質問

お客様の業務内容や開発者スキルレベルに応じたトレーニング内容のカスタマイズも承ります。

ソリューション・サービスに関するお問い合わせ

ソリューション・サービスに関するご相談やお見積り、事例などお気軽にお問い合わせください。