このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. ニュース一覧
  4. イヌ体内の3Dデータを可視化したアプリ「...

イベント・情報

ニュース

2022.06.07

イヌ体内の3Dデータを可視化したアプリ「デジタルアナトミーMR」2022年4月より3校で運用開始

「イヌ体内の3Dデータを可視化したアプリ」2022年4月より3校で運用開始
KDLとHABが教育機関向けに共同開発、HoloLens 2でイヌの体内を能動的に学ぶ

アプリケーションやシステムの企画・開発を手がける、株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎 以下、KDL)は、動物関連の企画・制作における総合的業務を行う株式会社ヒューマン・アニマル・ボンド(本社:大阪府大阪市淀川区、代表取締役 西岡 俊 以下、HAB)と共同開発したイヌの体内の3Dデータを立体的に可視化したMicrosoft HoloLens 2(以下、HoloLens2)専用アプリケーション「デジタルアナトミーMR」の販売を開始し、国立大学・私立大学・専門学校の3校に導入、2022年4月1日より本番運用を開始しました。(企画/監修/3DCG/販売:HAB アプリケーション開発:KDL)

KDLHAB_Logo.jpg

■イヌ体内の3Dデータを可視化したアプリ「デジタルアナトミーMR」

このアプリでは、【筋肉】【骨格】【臓器】のカテゴリー別に3Dデータを立体的に可視化することができます。手元でメニューボードを操作する感覚で見たいところをタップいただくとデータが更新され表示されます。また、昨年7月から動物病院や大学といった専門機関10カ所で行った実証実験であがった意見から、ハイライト機能を搭載。筋肉や骨格に加え、血管や細部の骨に至るまで詳細に学ぶことができるようになりました。

KDLHAB_001.jpg 画像左:メニュー画面、中央:全身(ハイライト機能例)、右:頭部(骨・血管表示時) 

また、HoloLens 2 の描画性能を超える高品質な3Dモデルを取り扱う際に、フレーム落ち (画面がカクつく事象) が発生していた課題に関して、Microsoft社が提供するAzureサービス「Azure Remote Rendering」を活用して、クラウドのハイエンドGPUマシン上で描画処理を行い、エッジのHoloLens 2へリアルタイムストリーミングを行うことで解決しました。

Azure Mixed Realityサービスを活用して、高精細な3Dモデルを扱える設計に変更したため、高品質な3Dモデル表現を実現。ユーザーの手の動きを認識して表示切り替えを行うことで、Mixed Reality(以下、MR)で発生しがちなメニューが見つからない事象を解決しました。

■今後について

KDLでは、今後もユーザーのご意見を大切に、ご要望に応える形で機能を向上させていきたいと考えております。(KDLは、2018年よりMicrosoft Mixed Reality パートナープログラムに認定され、MR技術を活用した生産現場の業務効率化、新ビジネスの創出支援に取り組んでいます)

■開発背景

獣医療教育において、生体を使用したイヌの解剖実習を減らす取り組みが行われています。HABでは、世界中でデジタル化が進む状況を鑑み、約3年前からデジタル解剖図鑑を企画され、獣医大学を始めとした教育機関や臨床現場を調査されていました。
今後の獣医療教育においてMRでの開発が最適だと判断、Microsoft社のパートナー企業であるKDLにご依頼いただき共同開発に至りました。我々はこのアプリケーションが、デジタルだからこそできる教育を実現することで昨今の獣医療教育の発展に寄与できればと考えております。

■教育分野への活用(2022年に国家資格化)

2022年5月より愛玩動物看護師が国家資格化されました。同資格を取得すると、採血や一部の投薬、採尿、マイクロチップの埋め込みなど、獣医の資格が必要だった業務に対しても幅広い対応が可能となります。こういった教育分野への動きにも対応するべく、このアプリで効率的に学べれば理解も早いのではないかと考えます。

■Microsoft HoloLens 2とは

KDLHAB_003.pngMicrosoft社が開発/販売を行うホログラフィックコンピューターです。デバイスに搭載されたカメラやセンサーを用いて、現実空間にホログラフィック (CG) を重ね合わせたり、ハンドジェスチャーを認識して 3D モデルの操作を行うことができます。(写真右:Microsoft HoloLens 2 KDL撮影)

【会社概要】

 社名     : 株式会社 神戸デジタル・ラボ
 代表者   : 代表取締役社長 永吉一郎
 所在地   : 〒650-0034 兵庫県神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
 設立     : 1995年10月
 資本金   : 5,000万円
 従業員数 : 158名(2022年3月末現在)
 URL      : https://www.kdl.co.jp/

【デジタルアナトミーMRの販売に関するお問い合わせ先】

株式会社ヒューマン・アニマル・ボンド
担当:CD 西岡(にしおか)、AE 渡邊(わたなべ)
TEL   :06-4806-1320   E-mail :[email protected]

【本件に関するお問い合わせ先】

※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
株式会社 神戸デジタル・ラボ
担当    :エンゲージメントリード 元野(もとの)、新事業創造係 堀尾(ほりお)
TEL     :078-327-2280 (テレワーク推進企業です。メールでご連絡いただけますと幸いです)
 E-mail  :[email protected]

※記載の会社名、団体名、製品名およびサービス名は、それぞれの会社、団体の商標もしくは登録商標です。
※プレスリリースに記載されたサービスの価格、仕様、内容、お問合せ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

本件に関するお問い合わせ

取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る