このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. WORKS
  3. 株式会社ワコール様

事例紹介

顧客とのコミュニケーション強化に、データ分析を活用

株式会社ワコール様

会社名 株式会社ワコール様
業種 女性用下着販売を中核事業とする衣料品メーカー
URL http://www.wacoal.jp/

ワークフロー

  1. お客様の課題

    女性の美しくなりたいという想いに寄り添うブランドを目指すワコール様では、顧客とのコミュニケーションを大事にしておられます。

    しかし、過剰になりがちな情報提供、スマホ中心でのすきま時間での断続的な利用、モノのコモディティ化など、顧客利便性の追求はブランディング向上とトレードオフの関係になってしまう恐れを懸念されておられました。長期的な顧客コミュニケーション戦略を検討し、日々、顧客に情報を提供する中で、本当に楽しんでいただけているのか、必要な情報が届いているのか、より下着のことを考えていただけるにはどうすれば良いかを常に模索されておられました。
  2. ソリューション

    データ活用による改善施策をご提案しました。
    自社に蓄積されている多様なデータを利用することにより、顧客一人一人に何の情報を届ければベストかを導き出すことができるnosyは、顧客コミュニケーションを最適化することが可能です。

    ワコール様が実現されたい顧客コミュニケーション施策を伺った上で、保有されておられるデータの選定をし、どうすればデータ活用が可能かをディスカッションさせていただきました。
    最適化された顧客コミュニケーション以外にも、ワコール様のサイト運用施策へのヒントとなる情報もデータ活用結果からご提示させていただきました。
  3. 成果

    顧客一人一人に最適な情報を導き出すことができたため、顧客コミュニケーションとして利用されているメールマガジン配信の成果が飛躍的に向上しました。
    これまでの一斉配信による手法とのA/Bテストを実施していただき、クリック率 254%増、直帰数 67%減、平均PV 185&増、滞在時間 213%増などの成果が出ました。

お客様の声

ワコールでは、ECサイト、ブランドサイト、会員サイト、各種コンテンツを掲載した特集サイトなど、数多くのサイトを展開しています。女性の方が下着を購入される頻度はそれほど多い訳ではないので、商品を提供するだけでは顧客との接点頻度が少なくなってしまうため、顧客には如何に下着のことを考えていただけるか、そのためにワコールとしてどう顧客と接ししていけばいいかと検討し続けています。

KDLからご提案いただいたデータ活用の考え方は良いとは想いましたが、不安もありました。「我々にできるだろうか」「活用できるデータは保有しているのだろうか」「データ連携等は手間ではないだろうか」等々。しかし、ワコールの想いや現状をお伝えすることによって、KDLからどうデータを準備すればいいかをアドバイスいただくことにより、メルマガ配信の精度は徐々に向上していきました。
引き続き、顧客とのコミュニケーションを強めていくためにnosyを活用して精度を高めていく予定です。
(株式会社ワコール 松本 禎之様)

使用したサービス

使用したサービス

この事例に関するお問い合わせ

  • 提案・コンペのご依頼

電話でのお問い合わせ/株式会社 神戸デジタル・ラボ:〈本社〉 078-327-2280  〈東京支社〉 03-6809-1177

ページの先頭に戻る