2020年1月20日 15:55

2020年、令和初の「鏡開き」を行いました!

2019年の年末からお迎えした年神様の居場所としてお鏡餅。丸い形は鏡を模しており、魂の象徴でもあるそうです。
2020kagami_01.jpg
大小2段で月と太陽、陰と陽を表し、円満に年を重ねる、夫婦和合などの意味も込められていると聞きます。関西地方では15日か20日に行われることが多いという鏡開きですので、20日に合わせて行いました。

■四度目の鏡開き

KDLでは鏡開きを毎年「KDLならでは!」をテーマに開催していたのですが、2017年は「IoT式鏡開き」2018年は「セキュア鏡開き」2019年は「画像認識鏡開き」を行い、正直に言うと、もうフォトジェニックなネタも尽きてきました・・。。ということで!

■KDLと言えばこの方!

どうしようもなくなった広報は、代表の永吉に泣きつきました。

広報:「社長!鏡開きの方法が思いつきません!」
永吉:「鏡開きくらい、俺がやったるわぁ!!」
広報:「ありがとうございます!これが木槌です!そして鏡餅です!」
永吉:「お・・おう・・」
広報:「ここに座っていただいて」
永吉:「三脚とカメラがすでにセットされてるけど・・」
広報:「もちろんです!では初めに木槌で鏡開きをしようとしていただいて」
永吉:「こ・・こう・・?」
広報:「はい!やっぱり木槌では厳しいので、手刀で行きましょうか!何なら頭でいっていただいてもOKです!」

そして、、「こんなこと、できましたっ♪」(ご存知の方一緒に歌ってください 笑)



できましたできました、KDLにもこんなことできました!

後で気づいたのですが、永吉の着ているセーターに「HELP」の文字が・・・。これは、広報に好き勝手される永吉からのSOSメッセージでしょうか。。

■見事にバラバラに砕け散った餅

見事に砕け散った餅は、社内のトースターで焼いて、おしることぜんざいにしておいしくいただきました。
2020kagami_04.jpg今年は、初の試みとしてKDL5階フリースペースで配りました。年神様の力が宿った鏡餅をいただくことで、1年の無病息災を願います。皆さんいい笑顔で食べていただき、いい鏡開きとなりました!
2020kagami_03.jpg
 

ちょっとだけメイキング

見やすいコマ送り動画を作るにはしっかり三脚にカメラを固定し、カット割りを考えて撮影を進めることがとっても需要です。
永吉の本番までに何度も広報メンバーで試行錯誤を繰り返し、ストーリーや小道具、その時の表情に至るまで確認し進めました。実は本番も横で、「うーん」とか「よーし」とか「もうこうなったら頭で!」とか言いながら一緒に動いています!笑
2020kagami_02.jpg
何事も、やってみないと分からない事が多いですね。勉強になりました。

2020年もKDL広報室は、なかなか伝わりにくいIT企業のお仕事やサービス、事例、ニュースなど、できるだけ分かりやすくお伝えしていけるように日々努力を重ねてまいります。どうぞよろしくお願いいたします!

本件に関するお問い合わせ

フォーム・お電話で、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:078-327-2280

ページの先頭に戻る