このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. メルマガ一覧
  4. 「Rebuild~立て直し~」テーマにオ

イベント・情報

メルマガバックナンバー KDL NOW!

メルマガの配信登録をする

「Rebuild~立て直し~」テーマにオンライン配信イベント

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ KDL NOW! ■                     2021.04.01号
 

       KDL(神戸デジタル・ラボ)からの最新情報♪
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 KDLが本社を置く神戸市では例年より早く桜が満開を迎えていますが、
 皆さまにおかれましては、お変わりありませんでしょうか?
 

 本日より新年度ということで、新しいスタートを切られた方も
 多いのではないでしょうか。KDLでもオンラインイベント「KDLDAY」の
 第2回開催が決まり、準備を進めているところです。
 新しい取り組みについても、ぜひご注目ください。 
 

 それでは、4月のメルマガをお送りいたします。
 

INDEX ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
【1】セミナー情報
    <1> オンライン配信イベント:KDL DAY Rebuild~立て直し~
【2】KDLからのお知らせ(4/1:エイプリルフール)
   <1> 新テレワーク拠点「海底デジタル・ラボ」をオープン
【3】プレスリリース情報
   <1> 兵庫県警察の捜査員を受け入れ育成支援
   <2> 東京ビッグサイト開催の「Smart Sensing 2021」に出展
【4】事例紹介
   <1> 「ASTERIA Warp」で年間約4000時間の業務効率化を実現(元気村様)
【5】KDLのfacebookいいね!ランキング発表:[2021年3月]
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

┏━♪
┃1┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛セミナー情報
──────────────────────────────────
 

 <1> オンライン配信イベント:KDL DAY Rebuild~立て直し~
 

 2021年4月13日(火)午後、オンライン配信イベント
 「KDL DAY」を開催します。
 第2回となる今回のテーマは「Rebuild~立て直し~」です。
 

 サブタイトルには、
 「再構築を懸けた『デジタルコラボレーション』という戦略」と掲げ、
 未曾有の世界的危機、パンデミックがもたらした、政治経済の
 混乱と社会変化を軸に、当たり前だと思われてきた常識が激変し、
 急激なデジタルシフトが進んだ現状からの成長を考えます。
 

 たくさんの皆様のお申し込みをお待ちしております!
 

 ◎お申し込み・詳細はこちら
  → https://www.kdl.co.jp/event_info/seminar/2021/03/kdlday_20210413.html

 


┏━♪
┃2┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛KDLからのお知らせ(4/1:エイプリルフール)
──────────────────────────────────
 

 <1> 新テレワーク拠点「海底デジタル・ラボ」をオープン
 

 KDLは2021年4月1日、社員のストレスを軽減するための
 テレワーク拠点として「海底デジタル・ラボ」をオープンしました。
 

 海から癒しを感じながらのテレワーク勤務は最高です。
 すでに利用したい社員が多すぎて、一日の出社制限人数を
 5人と決めました。
 

 ストレスレベルを引き下げ、業務の効率化を目指します。
 

 ◎詳しくはこちら
  → https://www.kdl.co.jp/kaiteidigitallabo

  


┏━♪
┃3┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛プレスリリース情報
──────────────────────────────────
 

 <1> 兵庫県警察の捜査員を受け入れ育成支援
 

 サイバーセキュリティサービス「Proactive Defense」を提供する、
 KDLは、2021年4月1日より1年間、警察のサイバー空間の脅威への
 対処能力向上を目的に、兵庫県警察より捜査員を受け入れています。
 

 KDLで受け入れる捜査員の方には、情報セキュリティに関する
 社内研修を受けていただいた後、デジタルビジネス本部
 セキュリティサービスに所属いただき、サーバの
 デジタルフォレンジックや各種脆弱性診断業務に携わっていただきます。
 

 その経験を通じて、民間企業や各種団体等がさらされている
 サイバー空間における脅威や対策について、情報セキュリティの
 現状を学んでいただく機会になればと考えています。
 

 ◎詳細はこちら
  → https://www.kdl.co.jp/news/2021/04/kenkei_2021.html


 
 <2> 東京ビッグサイト開催の「Smart Sensing 2021」に出展
 

 KDLは、2021年5月26日~28日にわたって東京ビッグサイトで開催される
 「Smart Sensing 2021」に出展し、最新のIoTサービスを含む3サービスを
 展示します。
 

 Smart Sensing 2021とは、
 「センシング技術が創造する近未来社会。~ S2Xセンサーがつなぐ新社会
 イノベーションの展示会~」をコンセプトに行われる展示会です。
 

 ◎詳細はこちら
  → https://www.kdl.co.jp/news/2021/03/smartsensing2021.html

 
 
┏━♪
┃4┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛事例紹介
──────────────────────────────────
 

 <1> 「ASTERIA Warp」で年間約4000時間の業務効率化を実現(元気村様)
 

 5つの社会福祉法人でグループ運営をされている社会福祉法人 元気村グループ様は、
 会計システムが各法人、施設で独立しており全体を横断して閲覧・管理
 することができない状態でした。
 

 ASTERIA Warpを導入し、各会計システムのデータを連携させ
 BIツールや毎月の報告会資料を自動作成するができるようになりました。
 

 結果、年間約4000時間の業務効率化につながったとお喜びの声を
 いただいております。
 

 ◎詳細はこちら
  → https://www.kdl.co.jp/works/web/development/genkimuragroup.html

 
 
┏━♪
┃5┃ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
┗━┛KDLのfacebookいいね!ランキング発表:[2021年3月]
──────────────────────────────────
 

 KDLが運営するfacebookページの月間投稿の中から
 「いいね!」数ランキングを発表します!
 

 <1> 東日本大震災の発生から10年(3/11)
 

 ◎詳細はこちら
  → https://www.facebook.com/kobedigitallabo/posts/1740144842856198

 

 <2> 「空はビッグデータの宝庫だ!」動画公開(3/10)
 

 ◎詳細はこちら
  → https://www.facebook.com/kobedigitallabo/posts/1739232699614079

 

 <3> 第2回KDL DAYの開催が決定しました(3/16)
 

 ◎詳細はこちら
  → https://www.facebook.com/kobedigitallabo/posts/1743791882491494

 

 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

※本コラムのコンテンツは、KDL独自の見解を含むものもございます。
 
  
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発 行 元 :株式会社 神戸デジタル・ラボ(KDL)
発 行 日 :2021年4月1日(木)
U R L   :https://www.kdl.co.jp/mailmagazine/
お問合わせ :[email protected]
神戸本社  :神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
編集・発行 :「KDL NOW!」編集事務局
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(c) 2021 Kobe Digital Labo Inc. All Rights Reserved.
 

本メルマガは著作権により保護されていますが、
皆様のお役に立てるのであれば、商用の場合を除き、
ご自由に転送・転載いただいて構いません。
その際は最下部のクレジット部分(発行元やURL、メールアドレス、
住所等が書かれた部分)を明記願います。
 

ページの先頭に戻る