このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. SERVICE
  3. データ活用定着支援

サービス

ITを創り、攻め、守る。
企業のITをトータルサポートする、
神戸デジタル・ラボの多彩なサービスをご紹介します。

データ活用の成功に向けてお客様に必要な取り組みを支援

データ活用定着支援

〈サービス概要〉
KDLが考えるデータ活用とは、お客様の既存の問題や未達成の課題に対して、データを元にした解決策をシステムやソリューションとして組み込み、活用・アップデートし続け、継続的に利益を向上させることを目的としています。

お客様のビジネスにどのような課題があり、その解決にデータをどう活用すべきか。経験豊富なデータサイエンティスト・データエンジニアを中心としたチームが、お客様とOneTeamで課題をクリアしながら、データ活用の実現を推進します。

特徴

  • 企画から業務実装、運用までワンストップでご支援

    特徴1のイメージ

    業務実装フェーズでは、KDLのシステム・アプリ開発チームと連携し、データ分析のロジックを組み込んだ形で業務に使えるシステムやアプリの開発を行います。フェーズを区切らずに、データ活用の企画・検討・業務実装、その後のBizDevOpsまでをワンストップでご支援します。

  • 活用したいデータに応じて最適な手法をご提案

    特徴2のイメージ

    数値を中心とする構造化データ、画像やテキスト等の非構造化データ、いずれの場合でも、データ活用の目的や課題に合わせて適切な手法をご提案いたします。

  • DevOpsを考慮したソリューションを実現

    特徴3のイメージ

    データエンジニア、アプリ開発エンジニア、クラウドエンジニア等、各種スペシャリストによるハイブリッド体制で、すべてのフェーズにおいて全体最適を前提に進めます。

データ活用の進め方

データ分析やAI導入によるビジネス改善を実現するための取り組みは、下記の流れで進めます。
各フェーズでの成果を関係者に共有し、理解を得て進めることが重要です。

  • 企画
    データ活用企画・
    プロジェクト立ち上げ

    データを活用した取り組みの目的と進め方を明確にし、経営層の承認を得て、プロジェクトとして進められるようにします。


    <KDL支援内容>
    • ビジネス課題定義
    • データ活用目的設定
    • 現状把握(データ、業務)
    • データ活用後業務設計
  • 分析・可視化ロジック化 1
    データ分析モデル
    設計

    前フェーズで決めた目的を達成するために、どのデータをどのように収集・整形・分析するか、という方法を決めます。


    <KDL支援内容>
    • データ分析アプローチ設計
    • データ分析モデル設計
    • データ収集
    • データクレンジング設計
    • データ分析モデル評価手法設計
  • 分析・可視化ロジック化 2
    データ分析モデル
    実装・評価

    データ分析モデルを実際に実装し、得られる結果が目的を達成することができるものか評価します。トライアンドエラーを繰り返し、分析モデルの精度を高めます。


    <KDL支援内容>
    • データクレンジング実装
    • データ分析モデル実装
    • データ分析モデル評価(モデルそのものの精度)
    • 業務適合性評価(データ活用の目的達成に向けた評価)
  • 業務実装
    システム構築

    データ分析モデルを実際の事業・業務で実利用するためのシステムを開発します。


    <KDL支援内容>
    • 分析システム設計
    • 分析システム実装
  • BizDevOps
    システム運用
    PDCA

    開発したシステムの実利用を定着させます。
    また、実利用する中で出てくる課題を定義し、継続的に改善します。


    <KDL支援内容>
    • 分析システムの現場定着支援
    • (業務利用結果をもとにした)改善課題抽出
    • 分析システムのアップデート

事例紹介

  • 川崎重工業株式会社 様

    少ないデータでも分析結果の可視化を実現

    詳しくはこちら

このサービスに関するお問い合わせ

ページの先頭に戻る