このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. SPECIAL
  3. ウェアラブルデバイスとAR、VR、MRの未来

特集

サービスページではご紹介しきれない、新技術やコラムを公開しています。

service

ウェアラブルデバイスとAR、VR、MRの未来

ウェアラブルデバイスとAR、VR、MRの未来

ウェアラブルアプリケーションの開発

次世代スマートデバイスとして関心の高まるウェアラブルデバイスの世界市場規模は2020年には全体で3億2,278万台になると予測されており(矢野経済研究所調べ)、世界的なビジネスの急拡大が期待されています。 私たちKDLは、創業から20年間培ってきたIT技術を、もっと身に利用して頂くことをテーマに、今後の市場動向を見据えていち早くウェアラブルアプリケーションの開発を行ってまいりました。

ウェアシストのビジョン

ウェアラブルアプリケーション開発はこちら

仮想現実が現実を進化させる!AR、VR、MRの新たな活用

KDLでは、AR(仮想現実)、VR(バーチャル・リアリティ)、MR(複合現実)などの技術を、エンターテイメントはもちろん、ウェアラブルデバイスという身につける特性を活かして実際の事業などへの応用に取り組んでいます。

開発事例・取り組み

  • MRでインテリアコーディネート空間

    「Microsoft HoloLens」でインテリアコーディネート空間を体感できるアプリです。デバイスを装着したユーザーが、壁紙や床、ソファーなどの家具のコーディネートをMR技術によって体験できます。

  • VRで150年前の兵庫県庁にタイムスリップ?

    VRで150年前の兵庫県庁にタイムスリップ?

    150年前の兵庫県庁執務室を体験できるVRコンテンツを開発いたしました。

  • 3DオブジェクトをARで出現

    3DオブジェクトをARで出現

    マーカーを認識すると、カメラ画像内に3Dオブジェクトを表示します。

  • ARでリアル攻殻機動隊

    ARでリアル攻殻機動隊

    攻殻機動隊 REALIZE PROJECT 神戸大会にて優秀賞を受賞しました。

  • ARの矢印でナビゲーション

    ARの矢印でナビゲーション

    ウェアラブルデバイス向けナビゲーションアプリでAR矢印が行き先を提示。

  • ウェアラブルデバイス向け作業支援アプリ

    ウェアラブルデバイス向け作業支援アプリ

    センサで検知した内容を、ウェアラブルデバイスに通知して注意を促します。

ウェアラブルデバイス x IT技術でできること

同時通訳

同時通訳

ウェアラブルデバイス上で音声翻訳すれば、ハンズフリーで異言語コミュニケーションが可能です。相手の言葉は自分の言語に、自分の言葉は相手の言語に、音声と画面で理解が深まります。

技術:音声認識翻訳


3Dオブジェクト表示

3Dオブジェクト表示

メガネ型デバイスを通して、肉眼で見える現実世界、仮想の3Dオブジェクトを表示します。レジャー施設や博物館や歴史的建造物での活用など様々な用途に利用できます。

技術:AR位置・方向認識


方向・方角認識案内

方向・方角認識案内

メガネ型デバイスを通して周りを見ると、その方角にある宿泊施設・観光スポット・ 公共交通機関などの案内を表示します。バリアフリー対応の情報も取得できます。

技術:位置・方向認識AR


メニュー認識

メニュー認識

メガネ型デバイスを使ってメニューの文字情報から、そのメニューの翻訳に加え、目安の塩分・カロリー・アレルゲン情報が取得できます。

技術:画像・文字認識 翻訳


安否確認

デバイス連携安否確認

時計型デバイスを身に着けた人の位置情報が一定以上離れると、メガネ型デバイスに通知します。こどもの迷子や認知症の方の徘徊を知らせる用途などを想定しています。

技術:デバイス連携方向・方角認識


バーチャル空間体験

バーチャル空間体験

施設内をバーチャル映像で再現し、施設内の環境を事前に確認することができます。 シンガポールの会社「RAPTECH PTE.LTD.」が技術提供しています。

技術:バーチャルリアリティ

RAPTECH PTE.LTD.ロゴ


ウェアラブルアプリケーション開発はこちら

その他の特集

ページの先頭に戻る