このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. COMPANY
  3. 労働安全衛生への取り組み

会社情報

企業概要とともに、神戸デジタル・ラボの
さまざまな取り組みをご紹介します。

労働安全衛生への取り組み

環境の変化に柔軟に対応しながら
組織やコミュニケーションのあり方を常に考える

KDLは、社員の安全と健康管理は会社の責任であるという考え方の下、労働安全衛生活動を推進しています。
環境の変化に柔軟に対応しながら多様な価値観や知恵を結集し、社員が心身ともに健康で安心して働くことができるよう、組織やコミュニケーションのあり方を常に考えていかなければなりません。なぜならそれが、生産性の向上とこれまで以上の社会貢献に繋がると考えるからです。

現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、これまでにない大きな影響を我々に与えています。
働く上で基盤となる社員の健康管理がより重要であることはもちろん、新型コロナウイルスのさらなる感染拡大など様々な場面を想定し、働き方そのものについても進化させていく必要があると考えています。

ここでは、衛生委員会の取り組みや、コミュニケーション促進活動などについてご紹介します。

photo

衛生委員会委員長
経営戦略本部 総務部長

島村 聡

衛生委員会について

コミュニケーション促進活動

その他の取り組み

ページの先頭に戻る