このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. ニュース一覧
  4. 「リッチサジェスト」に新機能「カテゴリフ...

イベント・情報

ニュース

2018.12.07

「リッチサジェスト」に新機能「カテゴリフィルター機能」を追加

神戸デジタル・ラボ、「リッチサジェスト」にカテゴリフィルター機能を追加
―カテゴリごとに画像サジェストやランキングを切り替え、探しやすく―

Webシステムやアプリの企画・開発およびITサービスを手がける株式会社神戸デジタル・ラボ(本社:兵庫県神戸市中央区、代表取締役社長:永吉 一郎、以下 KDL)は、12月10日、EC向け画像サジェストサービス「リッチサジェスト」で、ユーザが選択したカテゴリに応じた商品画像をサジェストする「カテゴリフィルター機能」の提供を新たに開始しました。
同機能はSHIPS公式サイトを運営する株式会社シップスのECサイトリニューアルに伴って先行採用され、ユーザに応じて検索を最適化できると好評いただいています。

ships2_pc_sp.png<PC版リッチサジェスト(左)とスマホ版リッチサジェスト(右)>

新機能の概要と開発経緯

リッチサジェストは、フリーワード検索時にサイト全体の検索キーワードのランキングや、検索文字列に合わせて候補の商品を画像で表示する「画像つきサジェスト」サービスです。ユーザが探しているものを画像で直感的に見つけられることが特徴です。この「ユーザが探しているもの」を表示する精度を上げるための機能開発に取り組んでいます。

今回の新機能は、ECサイトでよく利用されるカテゴリ検索に着目し、選択したカテゴリ内の商品にフィルタリングしたランキングおよびサジェストを表示するものです。

例えば、アパレルの場合、レディスとメンズでファッションのトレンドや服の種類が異なりますが、それをメンズ内でのランキング、候補商品の表示にフィルタすることで、検索ノイズを減らしユーザが欲しいものを多く表示できるため、商品詳細ページへの遷移率を高めることが期待できます。

ships2_pc_sp2.png<男性カテゴリ(左)と女性カテゴリで区別したサジェスト>

お客様の声

2018年11月のリニューアルでは、ECサイトとオウンドメディア、企業サイトの3つを統合したため、増加した様々なコンテンツの中でも、ECサイトとしてのサービスが低下しないよう、お客様が求める商品を今まで以上に検索しやすいサイトにしたいと考えておりました。リニューアル前にsui-seiサービスの検索ログを見ながらKDLとともに議論し、検索軸や動線を整理しました。以前からのお付き合いでシップスの商品のことやこれまでの経緯をご存知でしたので、心強かったです。
今後は商品だけでなく、オウンドメディアや店舗ニュース、スタッフ情報等のコンテンツも整理し、お客様が使いやすく幅広い情報を検索いただける環境を実現していく予定です。一層コンテンツが増えることが予想されますが、引き続きお買い物はもちろん、シップスの数あるコンテンツを楽しんでいただけるように取り組んで参ります。
(株式会社シップス デジタルマーケティング部・EC戦略推進課 課長 萩原千春様)

SHIPS公式サイト:https://www.shipsltd.co.jp/

リッチサジェストとは

「リッチサジェスト」とはKDLがサービス展開しているサイト内検索最適化サービス「sui-sei(すいせい)」のサービスのひとつで、フリーワード検索の利用時にキーワードランキングや候補となる商品画像を表示し、商品詳細ページへの導線を生成するものです。デバイスに応じた柔軟なデザインで実装でき、ユーザの入力の手間や通信速度の問題を軽減しつつ、多くの商品を画像で訴求できることから、ユーザビリティおよびコンバージョンの向上が期待できます。

【sui-sei公式サイト】

ogp_sui-sei.png公式サイト:https://sui-sei.jp/ 
※sui-seiは右の商標で登録済みです。
リッチサジェストサービスページ:
https://sui-sei.jp/service/rich_suggest.html

※記載されている会社名、製品・サービス名は、登録商標または商標です。
※プレスリリースに記載されたサービスの価格、仕様、内容、お問合せ先などは、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。

【本件に関するお問い合わせ先】

※取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。
株式会社 神戸デジタル・ラボ
担当 :データ事業部 橋川隼人(はしかわはやと)
TEL :078-327-2280
E-mail :sui-sei@kdl.co.jp

本件に関するお問い合わせ

取材など随時対応しますので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:078-327-2280

ページの先頭に戻る