2023.08.18
お知らせ

KDL、JGC Digitalが開発協力した「衣服回収資源化事業」が神戸市の補助事業に採択されました

株式会社神戸デジタル・ラボ(以下、KDL)と日揮ホールディングス株式会社の合弁会社であるJGC Digital株式会社(代表取締役社長CEO 長谷川順一 以下、JGCD)が企画、推進する「衣服回収資源化事業」は2023年8月、神戸市が主催する「令和5年度 CO+CREATION KOBE Project」(民間提案型事業促進制度)の「ACTIVE型」(神戸市の課題に対して自由に事業提案する応募形式)事業として採択されました。JGCDがシステム開発をし、KDLはその支援をさせていただいています。

20230800_JGCD_kobe_press.png

この事業は、家庭から手放される衣類の多くが廃棄されているという「衣服廃棄」という社会問題に対して、廃棄されるはずであった衣服を回収する仕組みと、ポリエステルケミカルリサイクル技術により、衣服の資源循環型社会の実現を目指すものです。

市民の皆様から回収した衣類を資源化(リユース/リサイクル等)し、IoT機能を持つ回収ボックスを街中に設置。衣服回収に応じて地域クーポンの獲得や寄付活動ができるアプリを介して、衣服の回収及び資源化を促進します。

JGC Digital 株式会社:お知らせ

https://jgc-digital.com/topics/topics-2345/

神戸市:2023年度「CO+CREATION KOBE Project(民間提案型事業促進制度)」 事業選定のお知らせ

https://www.city.kobe.lg.jp/a05822/497054984438.html