2018年1月25日 09:00

HTML5ハイブリッドアプリ「Monaca」のモナカレー試食会を開催!

KDLは2016年よりHTML5ハイブリッドアプリ「Monaca」の開発パートナー企業として、アシアル株式会社(以下、アシアル社)が提供する「Monaca」によるアプリ開発を行っています。

この度、アシアル社がMonacaユーザ20万人突破を記念してオリジナルレトルトカレー「モナカレー」の協賛を募集されており、日ごろからお世話になっており、面白いものが大好きなKDLのMonaca部隊も一口乗らせていただきました!すると、わざわざ東京より「試食会」を行いたいとの連絡をいただき、「モナカレー試食会」が実現しました!


monacurry_jyu.jpg(写真左:KDL 岡、写真右:アシアル社 生形様)

パッケージにはKDLのロゴも・・・!
ありがとうございます!

monacurry_logo.jpg
もともと「Monaca」は、HTMLをネイティブ層の皮で包むというイメージから名付けられたそうです。また、海外ユーザが全体の4割を占める「Monaca」は、世界に向けて発信する際にどこの国の方にも日本で作られたものだというのが分かるようにしたい、とあえてこの名前にされたとのことです。

初めにモナカレーという商品名を聞いた時は、
「どんな形状!?」
「最中っぽいパッケージとか?」
「カレーをご飯ではなく最中にかけて食べるとか?」
とMonaca開発メンバーと広報室で予想していたのですが、お持ちいただいたモナカレーはどれにも該当しないよう・・・。

monacurry_pac.jpg
パッケージには「あずきたっぷり」「アプリ開発者のための旨辛豆カレー」のキャッチフレーズが!パッケージデザインもアシアル社のデザイナー様が心を込めて作られたのだとか。

アシアル社のエバンジェリスト モナカプレス編集長の生形可奈子様によると、モナカレーは「インドのダル(豆)カレーに『Monaca』(最中)ということで小豆を入れて、豆で甘くなった分スパイスを足して仕上げた中辛カレー」とのことです!ほかにもひよこ豆やえんどう豆、きんとき豆入りの本格派です。

お話を伺ってみると、構想は2017年の11月ごろから!ということは、やろうと思いついて二カ月後には試食会という恐るべきスケジュール・・・。お仕事の速さに頭の下がる思いであります。

お皿やごはん、スプーンまでお持ちいただきました。早速モナカレーを温めてみると、おいしそうなカレーのにおいが充満し、KDL執務スペースで就業中の社員より一気に注目を浴びました(笑)
(電子レンジが執務スペース中央にあるため)


monacurry_hirose_oka.jpg(写真左:KDL 廣瀬 写真右:KDL 岡)

monacurry_curry.jpg
KDLで主にアプリ開発を担当するスマートビジネスセクション・リーダーの岡が代表で試食させていただくと・・・

monacurry_oka.jpg「豆の甘さとスパイスの辛さがあいまって、まさにハイブリッドな美味さ!」と、箸が、もといスプーンが止まらない様子でした。
「アプリ制作にはひらめきが必要。この機能とあの機能を組み合わせたらどうなるか、など技術力とともに企画力も大事。アプリ制作に行き詰まったら、このモナカレーのスパイシーさでいい案が浮かびそうです!」とも。

アプリ制作担当の廣瀬や広報担当もマイスプーンを持参し味見させて頂いたのですが、中辛と言えどかなりスパイシー!汗が吹き出しながらも後を引くとってもおいしいカレーでした!

monacurry_int.jpg


また、アシアル社では現在(2018年2月28日まで)、オリジナルレトルトカレー「モナカレー」クイズにお答え頂いた方の中から抽選で300名様にプレゼントする企画を実施されています!以下URLより皆さまもぜひご応募ください。

◎Monacaユーザー20万人突破記念キャンペーン!
https://ja.monaca.io/curry-campaign.html

KDLではMonacaを使用したアプリの開発事例が多々あり、今後も力を入れていく予定です。Monacaを使ったアプリ開発は年々増加傾向にあり、今回の取り組みでは、「KDLはMonacaを使用したアプリ開発ができる」「ハイブリッドアプリ開発が今後の主流になる」などをアピールできればと思っています。アプリ開発のお見積もりやご相談はぜひKDLまでお寄せください。

  

  

※アシアル社が運営する「モナカプレス」でもご紹介いただきました!
 (2018年2月14日追記)
■Monaca20万人突破記念!「モナカレー」を持ってパートナー企業を訪れた
https://press.monaca.io/daiji-okuno/1778

ページの先頭に戻る