このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. COMPANY
  3. 両立支援への取り組み

会社情報

企業概要とともに、神戸デジタル・ラボのさまざまな取り組みをご紹介します。

両立支援への取り組み

KDLの両立支援制度は、
制度の利用が進み、定着しているのが強み

KDLでは、社員が仕事と生活を両立できるようにするための様々な取り組みを行っており、2010年・2015年・2017年には兵庫労働局より「次世代認定マーク(くるみん)」を取得いたしました。
また、WLB(ワーク・ライフ・バランス)を推進する企業事例として下記のメディア等に掲載いただいております。

イメージ

【事例掲載実績】

仕事と生活の調和の実現に向けた取組(ワーク・ライフ・バランス)好事例

仕事と生活の調和の実現に向けた取組(ワーク・ライフ・バランス)事例
掲載:厚生労働省 兵庫労働局
※画像クリックで掲載ページのPDFが開きます。

【育休取得者の声】

男性の育児休業も重要だし、それに理解ある職場に感謝です

まつだ こうじ
松田 康司
デジタルビジネス本部
リーダー
2014年入社

中途入社3年目のタイミングで1か月の育児休業をいただきました。双子ということもあって妻の負担は大きく、生後間もないときは必ず妻と妻の母の2人体制で子育てしていました。
生後5か月のときに育児休業を取得し痛感したのは、子育ての大変さです。なんせ大人1人では移動もままなりません。子ども2人を連れて3人で散歩に出かけたときに、マンションの階段で抱っこ紐に1人を入れたまま、もう1人とベビーカーを抱えて登ったことは忘れられません。
そんな育児休業中、妻と2人で子どもの寝かしつけ方を変えるということにチャレンジしました。失敗すれば子どもが寝なくなり、寝かしつけ時間が長くなる可能性もあります。育児休業中の私がいれば、失敗して寝かしつけが長くなっても妻の負担は増えないので、この変更にチャレンジし見事に成功しました。
妻が子育てしている時間からすると1か月はずいぶん短いですが、2人で子育てすることでチャレンジするいい時間になりました。

周囲の理解とサポートのおかげで安心して働くことができました

すみ しおみ
角 潮美
情報企画部
2011年入社

入社3年目で子どもを授かり、出産しました。妊娠が分かった当初は、社会人としても技術者としても未熟なまま産休・育休を取得してちゃんと復帰できるのか、妊婦は上司や周囲にとって扱いづらい存在になるのではないか、ストレスや長い通勤時間にお腹の子は耐えられるだろうか、など1人で不安な気持ちでいっぱいになっていました。しかし、先輩ママとの交流や周囲の理解とサポートのおかげでストレスを感じることもなく安心して働くことができました。
妊娠中は順調に過ごせたおかげで元気な子を生むことができたと思っています。はじめての育児に戸惑い、悩むこともたくさんありますが、両立できるよう育児も仕事も頑張りたいです。

ページの先頭に戻る