このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. COMPANY
  3. KDLママ座談会

会社情報

企業概要とともに、神戸デジタル・ラボの
さまざまな取り組みをご紹介します。

KDLママ座談会

ママ座談会 ママ座談会

「KDLの制度ってどう?」「どんなところが大変?」など、子育てと仕事の両立について、それぞれ家庭を持つKDLのママ社員に語ってもらいました。

座談会メンバー

  • 河島 惠

    河島 惠2007年 新卒入社

    子どもの
    人数・構成
    男子2人
    勤務時間 9時~16時15分
    (テレワーク週2回)
    業務内容 WEB最適化支援、
    アプリ開発
  • 岸本 愛

    岸本 愛2008年 中途入社

    子どもの
    人数・構成
    男子1人
    勤務時間 時短勤務制度は
    利用していない
    業務内容 アプリ開発・保守
  • 瀬戸 クイン ニュ

    瀬戸 クイン ニュ2013年 中途入社

    子どもの
    人数・構成
    男子2人(双子)
    勤務時間 9時~16時45分
    業務内容 オフショア担当
    ブリッジSE
  • 坊奥 早甫子

    坊奥 早甫子2014年 新卒入社

    子どもの
    人数・構成
    女子1人
    勤務時間 9時15分~16時45分
    (テレワーク週1回)
    業務内容 WEBサイト保守・改修

仕事と育児の両立について

配偶者との協力・分担はできている?

私はこの中で唯一夫もKDLに勤めています。基本的に朝子どもたちを保育所に送るのは夫の担当で、私が迎えに行く担当です。
急な仕事で遅くなる時はお迎えも任せる事がありますし、夫も週に一度テレワークを始めたので最初に比べて負担はかなり減りました。

入社したころはまだ子どもが保育園児でしたが、うちは夫がご飯を作って送り迎えもしてくれていました。
なので私は時短勤務はしていませんが、中途入社で、今のように充実した制度が設けられる前だったこともあり、制度を利用したいと言い出しにくかったところはあります。

分担というと、私自身がまだ日本語が完璧に分かるわけではないので、病院に行くときや保育園の面談などは夫にお願いしています。
基本的に日本語で育てていますが、少しずつベトナム語も教えていきたいです。

夫は定期的に1~2週間程度滞在する海外出張がありますが、家にいる時はご飯を作り、子どもの寝かしつけまで何でも率先してくれます。
いつもは私が自転車で保育所に子どもを送っていますが、雨の日は車で迎えに行ってくれるなど、気遣いがありがたいです。

子育てとの両立で楽しいことと大変なことは?

双子なので、どちらか体調悪くなった時にもう片方にうつってしまうのが困ります。
テレワークは病気などで休む時だけ利用していますが、子どもたちの体調に左右されるのが大変ですね。

病気のときは確かに困りますね!
私は昼休みがあることが嬉しいです。 育休中は1日中子どもと1対1で、1人の時間をゆっくり過ごすことがほとんどなかったので、復帰後、昼休みに1時間外食できたり、ゆっくりご飯を食べられるのが楽しいです。

私は3年間休んでいたので復帰前は両立できるのか、かなり不安でした。
ですが、復帰してみると先輩ママさん達に聞いていたように、時間の使い方にメリハリがついて意外と自分は両立に向いているのでは?と思います。
ブランクも意外と感じていません。

楽しい話ではないのですが、ケガをして救急車で運ばれたという連絡をもらった時に、すぐに帰らせてくれたのはありがたかったです。

いやいや、それは一刻も早く帰らないとダメですよ!

時間短縮勤務って、どんな感じ?

時短のいい面・悪い面

いいところは業務効率を考え、効率よくやる方法を前以上に考えるようになったことです。
悪い面は早く帰ってしまう分、帰宅後のフォローを他の方にお願いすることが多くなってしまうことです。
周りのメンバーにはいつも助けられていますので、やっぱり迷惑をかけていることが気になってしまいますね。

すごくよく分かります。
坊奥さんが言った通り、早くやらないといけない作業を他の人に任せてしまうこともあり、自分の責任感との闘いもあるので、辛いなと感じてしまう時もあります。でも、早く帰れる分、子どもと長く過ごし、様子に気を配れる時間が増えるのはうれしい点です。

働き方は変わった?

私の場合は、お迎えは夫がしてくれていましたし通勤時間が30分なので時短制度は使わなかったのですが、子どものために、毎日決まった時間に退社するということを意識して働いています。
それが理由かは分かりませんが、優先順位をつけるのが得意になりました。

産休に入る前と比べると、かなり働き方は変わりました。時間が限られているので一分一秒も無駄にしたくない気持ちです。
集中力は以前より増していると思いますが、やはり時間が足りないと感じることも多いですね。元々、人に頼ったりすることが苦手なのですが、周りのサポートがないと成り立たないので、頼ることも覚えました。

KDLの制度について

制度の使いやすさは?

私は普段はテレワーク制度を利用していないのですが、去年の7月後半から8月中に急きょ利用させていただきました。
当時うちの子は小学校6年生で、みなさんのお子さんと違って大きいので、申請が通らないかもしれないと思っていましたが、相談したらすぐOKをいただけました。ある程度大きくなっていても社員の状況によってテレワーク制度を活用できたことで大変助かりました。

新卒メンバーは制度を知っていて入社した?

私が入社した時は、そこまで制度はなかったです。
働いているうちに先輩たちが制度の策定を提案し、実際に採択され使えるようになりました。とってもラッキーだったなと思います。

私は制度を知っていましたし、両立支援をしっかりやっている企業で働きたいと就職活動をしていました。
自分が制度を使ってみても、特にギャップはありませんでした。
メンバーに協力してもらっているのはすごく感じているので、仕事でしっかりお返ししたいという気持ちで業務にあたっています。

テレワークの課題点は?

社内・社外ともにWEB会議をすることが多いですが、音声が聞き取りづらかったり、接続が切れてしまったりします。
あと、WEB会議に慣れてない方と打ち合わせをするのも、なかなか難しい時があります。
やはり遠隔だと直接顔を合わせるよりは伝わりにくいです。とても便利でありがたいんですが、課題も多いです。

現在携わっている案件は、その企業の専用端末を使わないといけないので、テレワーク時に端末が無いのが不便だと感じることはあります。
スマートフォンもKDL貸与のものでないとVPN接続は認められていないので、検証などに支障が出ることがあります。
でもそれはセキュリティという面で大切な事なので便利なのがすべてとは言えないのが難しいところです。

日本とベトナムの違いは?

ベトナムも日本と同じように産休と育休があり、合計で最大6か月取得できるようです。企業にもよりますが、日本の方がベトナムより長い期間取得できます。
ベトナムではいわゆる「お手伝いさん」を雇うのが一般的で、ほとんどの女性が働いています。今ではヘルパーを派遣する企業もあるそうです。

ベトナムは以前から子育てと仕事を両立できる体制が整っているということですね。
日本ではサポートしてくれる人が少ないのも課題だと思います。

産休前と復帰後

2歳まで取得できる育児休業について

待機児童が多い地域に住んでいるので、一人目の子どもが1歳の時の4月に保育園に入れませんでした。
2歳まで取得できる制度はありがたいのですが、会社以外の要因で復帰したい時期にできないことは休業中の私にとってすごく不安でした。

双子を妊娠・出産した場合は通常より産休期間が長いので、育児休業も取得し子どもと触れ合う時間をたっぷりとることができて嬉しかったです。

私も2歳まで育児休業が取得できるのはすごくありがたいことだと思うのですが、休業中はセキュリティ面を考慮してメールアドレスをロックするので、会社の状況が分からない為、組織が大きく変わっていたり、会社の方向性が変わっていないか等、不安に感じる部分はありました。
長期休業中でも社内の状況が分かるように、たとえば、定期的に社内の状況を知らせてもらえるような仕組みがあると、より安心して休めるようになるんじゃないでしょうか?

復帰前の不安と復帰後

復帰前と同じ仕事を任せていただいているのですが、育休中には「本当に同じ仕事ができるのか?」と不安に感じていました。
一生懸命覚えたことを忘れてしまっているのではないか、IT業界はどんどん新しい技術が出てくるのでそれについていけるのか、とも思っていました。
今は少しずつ仕事にも慣れてきて、「前はなかったこんな技術やツールが出てきたんだ」と楽しむことが出来るようになった自分もいます。

復帰前は、制度や前例はあるものの周囲のメンバーが私を冷たい目で見るのではないかと不安でした。
KDLで2人続けて産休・育休を取得するのは私が初めてだったので、長期間休職することで周りが変わっていることへの不安もありました。
ですが、今のチームは皆さん温かく、ママパパメンバーも多いのでお互いを理解しカバーしあえていると感じます。

KDLに興味を持ってくださっている方へ

KDLへ入社を検討している方へ一言

KDLはさまざまな制度があるだけではなくて、ちゃんとそれを利用できる会社です。周りのメンバーが制度を受け入れているところがいいなと思います。

私は外国人ですが、KDLは私にとってすごく働きやすい環境です。姑からもいい会社に勤めているね、と言ってもらえるのが嬉しいです。仕事にも打ち込み、子どもの面倒を見る時間を取れるのがいいですね。みんな優しいから相談もしやすいですよ。

私自身も就活の時に女性の福利厚生面を重視して探しました。入社してからギャップもなく、特殊な事情があったとしても社員の声で制度を社員に合わせてくれる会社だと思います。働きやすい会社としては何も心配せずに入社してもらえたら嬉しいです。

制度だけに目が行って甘えるのではなく、制度があるからこそ、働きやすいからこそ、会社に貢献しようと思って仕事ができるのがいいところです。責任をもって自分のパフォーマンスを最大限に発揮できる自分でいたいですし、そんな方と一緒に働きたいです。

※掲載している情報は2019年11月時点のものです。KDLでは現在、育児や介護にかかわらず全社員が本社オフィスへの出社またはテレワークを選択できる「ハイブリッド勤務」を導入しています。

ページの先頭に戻る