このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. COMPANY
  3. 両立支援への取り組み

会社情報

企業概要とともに、神戸デジタル・ラボの
さまざまな取り組みをご紹介します。

両立支援への取り組み

KDLの両立支援制度は、
制度の利用が進み、定着しているのが強み

KDLでは、社員が仕事と生活を両立できるようにするための様々な取り組みを行っております。
KDLの両立支援制度は、制度としてあるだけではなく、社員の仕事と生活とのバランスをサポートする仕組みとして実際に機能し、社員に活用されているのが強みです。

2010年・2015年・2017年には兵庫労働局より「次世代認定マーク(くるみん)」を取得いたしました。
また、WLB(ワーク・ライフ・バランス)を推進する企業としてメディア等に掲載いただいております。

イメージ

【育休取得者の声】

サポート体制がより手厚く柔軟に 周りの理解やサポートを実感

しみず ちか
清水 知佳
デジタルビジネス本部
2009年入社

2015年と17年の計2回、産休・育休を取得しました。
妊娠後は不安もありましたが、周りの理解とサポートに支えられ、それがとても心強かったです。KDLには先輩ママも多く、仕事に関しても子育てのことに関しても相談しやすい空気もあったので無理なく過ごすことができたと思います。

実は1人目のときより2人目の職場復帰のときの方が緊張していたのですが、復帰者の受け入れやサポート体制は、1人目のときより手厚く柔軟になっていて、周りに助けられながらなんとか自分のペースが出来上がってきました。制度が充実していることはもちろんですが、周りの理解やサポートが何より大切だと痛感しています。

現在はまだ慌ただしい日々ですが、私も「先輩ママ」の1人として仕事と家庭の両立をしながら、先輩ママにしてもらったように育休経験者として相談に乗れる人にもなっていきたいです。

制度は運用が回ってこそ価値がある 率先して利用し今後の制度改善に

まなべ だいすけ
真鍋 太輔
経営戦略本部 総務部
2014年入社

2020~2021年の年末年始休暇にくっつける形で1ヶ月程度の育児休業を取得しました。
KDLでは男性の育児休業取得実績が10名を超えていることもあり、もちろん業務の調整はしましたが、気持ちよく送り出してもらえました。育児休業中は、労務担当者の細やかなサポートで給付金などの手続きもスムーズに行えました。また、周囲の皆さんも育児に理解が深く、色々と気遣いやアドバイスをいただけました。

今回、育児休業を取得して、制度の価値は運用がきちんと回っていることにあると感じました。
私は人事担当者ですので、制度を運用する側であることが多いのですが、自分も制度を利用することで、そのとき感じた気づきを制度改善に活かしていけたらと考えています。多種多様な人材が、よりパフォーマンスを発揮していける会社作りを進めていきます。

自分自身もパパとして、KDLの社員として成長していきたいですね。

ページの先頭に戻る