このページの先頭です
ここから本文です
  1. HOME
  2. EVENT・INFO
  3. セミナー
  4. 過去のセミナー一覧
  5. 【神戸開催】サイバー攻撃に備える「Dev

イベント・情報

このセミナーは終了いたしました!

開催日

2019年 05/21(火)

【神戸開催】サイバー攻撃に備える「DevOps」という選択

  • 無料
  • セキュリティ
  • 神戸

セミナー概要

貴社のシステム部門は「DevOps」という手段を使えますか?
サイバー攻撃が発見されるまでの時間、日本が12カ国中最も遅い結果に(Sophos社によるレポート, 2019)

一方、運用中にせよ、開発中にせよ、システムになんらかの問題があることがわかると、可及的速やかに補修する。これが実現すると、事業に大きく貢献します。
このサイクルのコンセプト DevOps の実現 に注目が集まっています。これは開発に、運用に、セキュリティの備えに、どんな変化をもたらすのでしょうか。また事業面でのメリットはどのようなものでしょうか。

DevOps x セキュリティ、開発・運用・セキュリティそれぞれの適用経験のあるエキスパートによる、エンタープライズでの事例と導入した方法論をご紹介と、企業へのDevOpsコンセプト導入のファーストステップを示すセミナーです。

5/27に東京開催も予定しています。関東圏の皆様はそちらをご検討ください。

◎東京開催はこちら
https://appsecbriefing.doorkeeper.jp/events/91423

受講対象者

・サイト改ざんが起きると対応しなければならないご担当の方
・セキュリティ施策を講じる必要のある企業の事業部門の方々
・ネットワークに接続するソフトウェアのプロダクト企画・開発・運用の責任者
・ウェブ、モバイルアプリケーションサービス事業者の開発・運用に関わる方々
・企業・団体のセキュリティ対策担当者

開催情報

開催日時 2019年5月21日
会 場 株式会社神戸デジタル・ラボ 10Fセミナールーム
〒650-0034 神戸市中央区京町72番地 新クレセントビル
定 員 40名
開催者 株式会社アスタリスク・リサーチ
株式会社 神戸デジタル・ラボ
注意事項 ・当日、お名刺をご持参下さい。
・個人名及びフリーアドレスでのご参加はご遠慮頂いております。
・競合他社様のご参加は、お断りすることがございますが、ご了承ください。
お問い合わせ先 株式会社 神戸デジタル・ラボ
デジタルビジネス本部 担当:松田
TEL:078-327-2280 e-mail:info@kdl.co.jp

16:00-16:20

もしあなたの会社にサイバー攻撃予告が届いたら

ある日突然あなたの会社にサイバー攻撃の予告が届く。毎年、本当に起きている話です。

不正なアクセスにより、ビジネスに甚大な被害が及ぶ事件・事故が後を絶ちません。被害は、年々増加しており、ユーザーのデータだけでなくビジネス継続にも確実に影響を及ぼします。

このセッションでは、サイバーセキュリティ問題の構造的な理解を深めるとともに、システム調達、開発、運用のいずれの方々にも注目の内容であり、特に、早期にセキュリティを繰り返し検証するプラクティスをどのように実践すべきかを解説いたします。

講演者プロフィール

岡田 良太郎

アスタリスク・リサーチ代表
OWASP Japan代表
KDL技術顧問

兵庫県神戸市出身。ソフトハウス、研究所、ベンチャー企業役員などを経て2006年にアスタリスク・リサーチ社創立。MBA、公認情報システム監査人(CISA)保持者。WASForum Hardening ProjectオーガナイザやOWASPのJapanチャプターリーダーを務めるなど、国内外のセキュリティエキスパートと連携し、セキュリティの研究と啓発に従事。また、日本咖哩大学教授の称号を持ち、日々人生のスパイスを探求している。

16:20-16:40

MSP における Site Reliability Engineering の実践

ハートビーツでは、様々な Webサービスの運用を行う中で突発的に発生する数多くの障害やセキュリティインシデントに対応するために、システムの設計・構築、体制の整備や仕組みづくりに取り組んでいます。

本セッションでは、Google が提唱した SRE(Site Reliability Engineering)も踏まえながら、Dev と Ops の垣根を越え、サービスの信頼性を高めることを主眼においたインフラ運用について紹介します。

講演者プロフィール

高村 成道

株式会社ハートビーツ 取締役 VPoE

2010年10月に株式会社ハートビーツへアルバイトとして入社。アルバイトながらゼロベースで社内研修制度を構築、多種多様な大規模インフラ基盤の設計・構築などを担当。2018年6月に取締役 VP of Engineeringに就任し、同社の経営に参画。8年間サービス運用の現場で培った技術とMOT・MBAでの学びを通して習得した経営・組織マネジメントの知識をもとに、エンジニア組織を牽引。専門分野は、組織マネジメント、Linux
I/O(特に汎用ブロック層以下)、サーバ監視システム、ログ分析基盤。

16:40-17:00

そこでDevOpsという選択 いかにしてわれわれは取り組み始めたか

KDLでは、2017年よりシステムの要件定義、設計、開発段階から脆弱性を作りこまない「セキュア開発」に取り組んでいます。

これは、「問題ができるだけ起きにくいようにする」「問題が起きたらできるだけ早く検知する」「問題が起きた場合でも、最小限の影響にとどめる」というセキュリティ対策の三大原則を実現し、サイバー攻撃に強いシステムを開発するための取り組みです。また、問題が起きたとしてもそこから学び、事前の対策を見直し、開発ライフサイクルに組み込むことを実践しています。

このようなセキュア開発に、KDLがなぜ取り組んだのか?そして、何から始めたのか?最初の一歩となる考え方を、事例を交えながら、解説いたします。

講演者プロフィール

松田 康司

株式会社神戸デジタル・ラボ
デジタルビジネス本部
セキュア開発推進・プロジェクトサポートチーム
リーダー

数々のECサイトや会員サイトのPMをこなす傍ら、納品するシステムのセキュリティ品質を担保するための専門チームに所属し、「セキュア開発」を推進。プライベートではキン肉マンをこよなく愛する自称・キン肉マン愛好家。

休憩

コーヒーサービス

17:10-17:40

トークセッション ウェブセキュリティ対策への聞きにくい質問をぶつけてみよう

会場では、ポストイットを使って、ご参加の皆さんからのセミナーへの質問や話題をご提供いただくことができます。このセッションでは、その場でご質問にライブ対応!ディスカッションのトピックとしてトークセッションを繰り広げます。

ページの先頭に戻る